豆知識

茶封筒と白封筒の使い方

現在、日本で頻繁に使用される封筒の色は主に茶封筒(クラフト封筒)と白封筒の二種類ですが、お客様はその二つの使用用途の違いをご存知でしょうか。

茶封筒と白封筒の使い分けを間違えるとマナー違反になってしまうことがあり、送り先の方に不快な思いをさせてしまう可能性があります。

この記事では、茶封筒と白封筒、それぞれの一般的な使い方・使い分けについて紹介していきたいと思います。

 

・茶封筒の用途

color_cra01

茶封筒は、クラフト紙を材料としており、「クラフト封筒」とも呼ばれる最も一般的な封筒です。

主にビジネス用途に使われます。

請求書や納品書・DMなどの案内状などは、茶封筒で問題ありません。

白封筒に比べて値段も安いので、特に理由が無ければ茶封筒を使用するのがお得です。

ちなみに英語では「brown(茶)」ではなく、「yellow(黄)」で表されるそうです。

 

・白封筒の用途

color_ken01

白封筒は、履歴書やエントリーシートなど、茶封筒より比較的あらたまった場合に使われることが多い封筒です。

また、ビジネスではない個人的な手紙に使用されることも多いです。

特に履歴書は絶対に白封筒を使いましょう。

茶封筒で送ってしまう方も多いですが、白封筒を使うのが一般的です。

履歴書の内容を重視してマナーを気にしない会社も多いですが、会社によっては茶封筒を使ってしまったために落とされてしまうこともあります。

余計なストレスを抱えないためにも、白封筒を使用するのがベストです。

また、請求書や納品書・DMなどを茶封筒の代わりに白封筒で送るのは大丈夫ですので、白封筒はマルチに使用できる封筒と言えそうです。

 

当店の白封筒は、表面が平らで滑らかなケント紙という素材を使用しています。(角2マチ付き封筒のみ、ケント紙ではなく白クラフトになります。)

また、茶封筒・白封筒ともに、FSC森林認証マークのついた封筒もご用意しています。

FSC森林認証マークは、森林の管理や伐採が適切に行われていると評価された森林から生産された木材や木材製品に付けられるマークで、地球環境について意識の高い方におすすめです。

茶封筒・白封筒以外にも様々なカラーを用意していますので、機会がありましたら是非当店の封筒をご利用下さい。

封筒独特の言葉「カマス」とは?

お客様は、封筒独特の言葉「カマス」についてご存知でしょうか。

あまり聞き慣れない言葉だとは思いますが、カマスは封筒の貼り合わせの種類の一つで、現在でもたくさんの封筒に使われている貼り方です。

当店の封筒にもカマス貼りが多く使われています。

この記事では、そんなカマス貼りをはじめとする、封筒の貼り合わせについて詳しく紹介していきたいと思います。

 

・封筒の貼り合わせの種類

封筒の貼り合わせは主に以下の4種類となります。

 

「センター貼り」

センター貼りとは、封筒の下の部分にのりしろがあり、その部分を接着する貼り方です。

中貼り・センターシームとも言い、主に和封筒で使用されます。

昭和50年代くらいまではすべての封筒が中貼りだったそうで、現在でもメジャーな貼り付け方法になっています。

 

「サイド貼り」

サイド貼りとは、封筒の右側、または左側の部分にのりしろがあり、その部分を接着する貼り方です。

スミ貼り、ヨコ貼り、サイドシームとも言い、主に和封筒で使用されます。

印刷の際に平均的な圧をかけることができ、センター貼りよりもきれいな印刷が可能です。

 

 「カマス貼り」

カマス貼りとは、封筒の両サイドにのりしろがあり、その部分を接着する貼り方です。

主に洋封筒で使用されます。

その貼り合わせ方が、カマスの縫い合わせと似ているため、カマス貼りという言葉が使われるようになったそうです。

 <カマスとは>

カマスとは、元々は農作業で使うむしろを二つ折りにして、その両端を縫い合わせた袋のことをいいます。

刻みたばこなどを入れる油紙または皮裂で造られた小袋のこともカマスと言うそうで、漢字では「叺」と書くそうです。

魚のかますが大きな口を使い何でも飲み込む様子が、その袋に似ていたのがカマスの語源と言われています。

 

「ダイヤモンド貼り」

ダイヤモンド貼りとは、三角になるように接着し、展開した形がダイヤモンドのようになる貼付け方法です。

欧米で一般的な貼り方で、日本でも主に挨拶状などの洋封筒で使用されます。

 

・当店の封筒の貼り合わせ

当店では洋封筒はすべてカマス貼り和封筒は主にサイド貼りで、和封筒のうち、窓付き封筒など一部はセンター貼りとなっています。

サイド貼りは、基本的にセンター貼りよりもきれいな印刷が可能です。

封筒をご注文になられる際は、是非当店をご利用下さい。

封筒の数え方、単位は?

お客様は、封筒の数え方や単位を正しく理解していらっしゃいますか?

封筒の単位は意外と紛らわしいので、数える際には注意が必要です。

この記事では、そんな封筒の数え方、単位について詳しく説明していきたいと思います。

 

・中身が入っていなければ「枚」

基本的に、封筒に中身が入っていない場合の単位は「枚」となります。

当サイトでの封筒の表記も「枚」を使用しています。

また、最近はあまり使われない用法ですが、「枚」の代わりに「葉(よう)」を使用することもあります。

こちらは、ハイカラで上品な言い回しで、一昔前によく使われていたようです。

<使用例>

「角3の封筒を10枚買ってきて下さい」

 

・中身が入っている場合には「封」

封筒に中身が入っている場合は「封」を使うのが一般的です。

中身に関わらず、封筒にものを入れた時点で、単位が「枚」から「封」に変化するのです。

保管用、管理用の封筒によく使われる数え方です。

<使用例>

「例の書類の入った封筒4封はどこですか?」

 

・手紙として封筒を使用する場合は「通」

封筒を送る場合、受け取る場合には、「封」ではなく「通」を使います。

つまり、手紙として封筒を使用することで、「封」から「通」と単位が変化するのです。

<使用例>

「例の会社から封筒が1通届いています。」

 

 

※はがきの場合

はがきの場合も基本的には一緒で、通常は「枚」(または「葉」)を使い、送る場合は「通」へと単位が変化します。

 

封筒のサイズが変わっても使用する単位は変わりません。

当店では、

・角2(332×240mm)

・長3(235×120mm)

・長4(205×90mm)

・洋長3(235×120mm)

・角形A3(445×340mm)

・角0(382×287mm)

・角1(382×270mm)

・角3(277×216mm)

・A4三折(105×220mm)

・長40(225×90mm)

・洋4(235×105mm)

といった様々なサイズの封筒をご用意しています。

カラーもたくさんの種類からお選びいただけますので、機会がありましたら是非ご利用になってください。

ビジネス文書の封入・封かんマナー

お客様は、ビジネス文書の正しい封入・封かんマナーをご存知でしょうか。

実は書類の入れる向きや折り方にも正しいマナーがあり、間違った封入・封かんをしてしまうと、相手に大変失礼な印象を与えてしまう恐れがあります。

この記事では、ビジネス文書の正しい選び方・折り方・封入・封かんについて紹介していきたいと思います。

今までは何も考えずに入れていた方も、これを機に意識してみてください。

 

・正しい書類・封筒の選び方

ビジネス文書は、例外を除き、A4サイズで横書きにするのが一般的です。

特別な理由が無いのであれば、A4の用紙をお選び下さい。

当店の、A4サイズの用紙に合った封筒は、以下の6種類です。

 

<長3>

title_n3

235mm×120mmの、A4サイズの用紙が3つ折りで入る、最も一般的なサイズです。

カラーは34種類からお選びいただけます。

 

<角2>

title_k2

 

332mm×240mmの、A4サイズの用紙が折らずに入れられる封筒です。

カラーは31種類からお選びいただけます。

 

<長40>

title_n40

225mm×90mmの、A4サイズの用紙が4つ折りで入る封筒です。

長4封筒より少し長めのサイズとなっています。

カラーは13種類からお選びいただけます。

 

<洋長3>

title_yn3

120mm×235mmの、A4サイズの用紙が3つ折りで入る、洋形の封筒です。

カラーは16種類からお選びいただけます。

 

<洋4>

title_y4

105mm×235mmの、A4サイズの用紙が3つ折りで入る、洋形の封筒です。

洋長3封筒より少し細めのサイズとなっています。

カラーは11種類からお選びいただけます。

 

<A4三折>

title_hw

220mm×105mmの、A4サイズの用紙を3つ折りで入れることができ、窓が付いている封筒です。

長3封筒より少し細め、洋4封筒より少し長めのサイズとなっています。

 

また、一つの文書に用件は一つだけにするのが原則です。

複数の用件がある場合は、可能な限り用件ごとに文書を分けるのをおすすめします。

 

 

・正しい書類の折り方

ビジネス文書は、基本的に送り先の方が読みやすいように折るのがマナーです。

但し、個人情報や文書の内容が透けて見えてしまわないよう、外折りではなく中折りにしましょう。

三つ折りの場合は書類の下の部分から先に折り、四つ折りの場合も下から半分に折り上げてから、もう1度下から半分に折るのがベストです。

 

・正しい書類の封入・封かん方法

ビジネス文書は、表を宛名の書いてある側にし、上下逆さまにならないよう封入するのがマナーです。

用紙を折った場合は、広げたときに文の上部が先に見えるよう入れ、書き出しの部分が封筒の底になるようにするのが一般的です。

洋形の封筒に入れる場合は、上下逆さまにならないようにしましょう。

書類が複数ある場合は、先に見てほしいものを上にしていれるのが良いでしょう。

また、セロハンテープは使わず、のりを使って封かんするのがマナーです。

最近は両面テープを使うことも増えていますが、失礼と考える方もおられますので、のりを使うのが無難と言えそうです。

 

送り先の方に失礼の無いよう、マナーをしっかり守って封入・封かんしましょう。

「封字」の種類と使い方

お客様は、「封字」について正しく理解していらっしゃいますか?

封字とは、封筒を途中で第三者に開封されることを防ぎ、開封されていないことを表す、封筒の綴じ目の部分に書く印のことです。

お客様も、封筒の綴じ目に「〆」と書かれた封筒をご覧になったことがあるかと思いますが、封字は「〆」だけではなく、他にもたくさんの種類があるんです。

この記事では、そんな封字について詳しく紹介していきたいと思います。

最近のビジネスシーンでは省かれることも多い封字ですが、まだまだ使用するのが一般的ですので、正しく理解しておきましょう。

 

・封字の歴史

封字の起源は、木簡を縛る紐に泥や粘土を押し当てそこに印を押す、古代中国の文化「封泥(ふうでい)」だといわれています。

ここ日本でも、平安時代には既に公文書などで使われていたようです。

またヨーロッパでは、ロウを使い印を押す文化があったようで、これがシーリングスタンプの起源と言われています。

 

・封字の種類

「〆」

一般的な手紙で使われる封字で、「締」の略字。

略さずに「締」がそのまま使われる場合もあります。

「封」

封じるという意味で、少しあらたまった印象を与える封字。

「緘」

重要な手紙や書類で使われ、かなり重々しい印象を与える封字。

「寿」

おめでたい意を込めて、婚礼などの慶事に用いられる封字。

「賀」

おめでたい意を込めて、祝いごとや祭りごとなどの慶事に用いられる封字。

「蕾(つぼみ)」

つぼむという意味の、女性専用の封字。

最近はあまり使われなくなりました。

 

・封字の書き方

封字は、封筒の綴じ目の部分が中心になるように、大きめに書きましょう。

封字用のスタンプやシールもたくさん販売されていますので、それで代用するのも良いかもしれません。

稀に「〆」を「×」と書いてしまう方がいますが、マナー違反ですのでお止め下さい。

※海外に送る場合、封字を書くのはNG

洋封筒を横書きで使う場合や、外国宛ての郵便には、封字を書く必要はありません。

特に外国の方に送る場合、失礼な印象を与えてしまうことがあるので、絶対にやめましょう。

外国の方には、「〆」が「×」に見えてしまうようです。

欧米ではシーリングスタンプを押すのが一般的ですので、可能でしたらそちらをお使いになるのをおすすめします。

 

封字を正しく理解し、送り先の方に失礼の無いようにしましょう。

封筒の「脇付け」とは?

お客様は「脇付け」という言葉をご存知でしょうか。

現在では使われることが少なくなってきていますが、医師同士の親書や、医療機関の発行する紹介状などでは、まだまだ使われることも多いです。

この記事では、そんな封筒の脇付けについて詳しく説明していきたいと思います。

 

・脇付けとは

脇付けとは、手紙の宛先に添えて敬意や注意を表すために使用する言葉のことです。

脇付けの多くは、本来の受取人に直接送付することを避け、侍史や机などに手紙を送ることで強い謙譲の意を表現しています。

 

<脇付けの例>

 

「侍史(じし)」

侍史とは、貴人に仕え、書状の管理等を専門に取り扱う役職者のことです。

直接書状を届けることが恐れ多い目上の方に対し、「侍史の方を通じてお伝え下さい」という意味を込めて使われる脇付けです。

現在では、丁寧さを込めて「御」の字を足し、「御侍史」と書くことも多くなっていますが、実は本来の用法からすると誤りで、「侍史」と書くのが正しいです。

 

「机下(きか)」

「机の上に置くような大切な書状ではないので、机の下にでもそっと置いておいてください。」という意味を込めて使われる脇付けです。

こちらも、丁寧さを込めて御の字を足し「御机下」と書くことも多くなっていますが、本来の用法からすると誤りなので、「机下」と書くのが正しいです。

 

「尊下(そんか)」

友人、同輩に対する脇付けです。

「尊下」という名前のイメージに反して、目上に対して使用すると失礼となるのでご注意下さい。

 

「膝下(しっか)」

父や母に宛てた手紙において用いる脇付けです。

 

他にも「玉案下(ぎょくあんか)」「足下(そっか)」、「座右(ざゆう・ざう)」「座下(ざか)」「御前(ごぜん)」「おみもとに」など、様々な脇付けがあります。

 

・外脇付けとは

外脇付けとは、手紙の内容等に関する説明や、注意を促す脇付けのことです。

現在もビジネス文書を中心に、多く用いられています。

 

<外脇付けの例>

 

「親展(しんてん)」

宛名の人以外の開封を禁止したい際に使用されます。

 

「○○在中(ざいちゅう)」

「請求書在中」「領収書在中」など、内容を明記したい際に使用されます。

 

「至急(しきゅう)」

急ぎの場合に使用されます。

 

「拝答(はいとう)」

返信を求める場合に使用されます。

 

・脇付けの書き方

脇付けは、手書きの縦書きの封筒に使用するのが一般的です。

脇付けの場合は、宛名の左下(「様」の左)に書き、外脇付けの場合はさらに左下(「様」よりも下)に赤字で書きましょう。

 

以上、脇付けについての説明でした。

古い表現とはいえ、必要に迫られて使用するときが来るかもしれません。

脇付けについてきちんと理解し、使用する機会がありましたら、相手先の方に失礼の無いように正しくお使い下さい。

返信用封筒の注意点(作るとき・送るとき)

お客様は、返信用封筒を作成する際の、正しいマナーをご存知でしょうか。

ここでは、返信用封筒の作成方法、それに当たっての注意点を紹介していきます。

 

・自分の住所、郵便番号、氏名(会社名)を表に

相手が自分に返信するための封筒ですので、表には自分の住所、郵便番号、氏名(会社名)を書きます。

但し、氏名(会社名)の最後には「行」をつけましょう。

「行」ではなく「宛」でもマナー違反では無いですが、一般的には「行」を使うことが多いです。

会社名は(株)(有)とは書かず、「株式会社」「有限会社」などと正式名称で書き、区切りの部分は空けましょう。(例:「封筒 刷男 行」)

また、縦書きの場合は、算用数字を使うのはマナー違反ですので、漢数字を使用しましょう。(横書きの場合は漢数字、算用数字どちらでも大丈夫です。)

 

<「様」「御中」でも大丈夫?>

返信用封筒を返信するときは、「行」、または「宛」を二重線で消し、個人の場合は「様」、法人の場合は「御中」に書き換えるのがマナーですが(詳しくはこちらの記事を参照)、最近ではその作業を相手にさせないよう、「様」「御中」をつけることも多くなっています。

また、自分の名前の最後には何も付けない、という方もいらっしゃいます。

ですが、ビジネスシーンでは、「様」と付けたり、何も付けないのをマナー違反とする方も中にはおり、やはり「行」を使うのが無難と言えそうです。

また、相手が「様」「御中」と書き換えやすいよう、「行」を縦書きなら左、横書きなら下に少しずらして書くのも良いでしょう。

 

・裏面は白紙

返信用封筒では、基本的に裏面は白紙にします。

相手に返信の手間を取らせぬよう、送り先の住所を書く方もおられますが、一般的には何も書かないのがマナーとなっています。

絶対ではないので、お客様の状況によって、書くか書かないかはご判断下さい。

 

・切手は貼っておく

「料金受取人払郵便」の封筒(返信先が郵便料金を負担)などの例外を除き、切手は同封ではなく表に貼っておきましょう。

貼り忘れるのは大変マナー違反となっていますので、ご注意下さい。

封筒を縦に使う場合は、和封筒・洋封筒ともに、封筒の左上部分(上から7cm ×左から3.5cmの間)、封筒を横に使う場合は、封筒の開封口、印刷された郵便番号欄が右側にくるようにし、封筒の右上部分(縦にしたとき上から7cm ×左から3.5cmの間)に切手を貼るのがマナーです。

 

・入らない場合は折る

返信用封筒は、送る封筒の一回り小さいものにするのがおすすめですが(例:長3の封筒に長4の返信用封筒)、入らない場合は折っても構いません。

相手に悪い印象を与えないよう、きれいに折りましょう。

 

以上の項目を守り、返信用封筒を正しく作成して相手先にお送り下さい。

返信用封筒のマナー(返すとき)

お客様は、返信用封筒を返信する際の、正しいマナーをご存知でしょうか。

返信先の住所さえ記載していれば封筒が届かないということは稀ですが、マナーを守らずに返信致しますと、返信先の方に大変悪い印象を与えてしまいます。

特に、ビジネスにおいては、そういったマナーを重視する企業も多いです。

そんな返信先の方の失礼にならないよう、ここでは、返信用封筒を返すときの正しいマナーについてご紹介します。

 

<「行」「宛」を二重線で消す>

名前の「行」「宛」を二重線で消しましょう。

縦書きなら縦線2本、横書きなら横線2本で消すのがマナーです。

その後、個人であれば「様」、法人であれば「御中」と書き直します。

また、「様」「御中」は、縦書きの場合は二重線で消した「行」や「宛」の左側に、横書きの場合は右側に書くのが一般的です。

但し、必ずそのように書くべきという訳ではないので、スペースなどによって逆側に書いても、マナー違反という訳ではありません。

場合によって判断すると良いと思います。

 

<あとは通常の封筒と同じ>

あとは通常の封筒の書き方と同じになります。

・自分の住所、名前(社名、部署名)は裏面に

裏面に自分の住所、名前(社名、部署名)を書きましょう。

たとえスペースが空いていても、表に書くのはマナー違反です。

・自社名は正式名称で

会社名は「株式会社」「有限会社」などと正式名称で書きましょう。

(株)(有)などの略称を使用するのは、マナー違反となります。

・漢数字を使う

住所などを書く際、縦書きの場合は漢数字を使用しましょう。

算用数字を使うのはマナー違反です。

横書きの場合は漢数字、算用数字どちらでも大丈夫です。

区切りの部分の間は少し空ける

「封筒 刷男 様」「株式会社 アーツ 御中」のように、区切りの部分は少し空けるようにしましょう。

・切手の貼る位置は正しく

切手は正しい位置に封筒を貼りましょう。

封筒を縦に使う場合は、和封筒・洋封筒ともに、封筒の左上部分(上から7cm ×左から3.5cmの間)に貼りましょう。

封筒を横に使う場合は、和封筒・洋封筒ともに、封筒の開封口、印刷された郵便番号欄が右側にくるようにし、封筒の右上部分(縦にしたとき上から7cm ×左から3.5cmの間)に貼るのがマナーです。

また、返信用封筒が、「料金受取人払郵便」の封筒(返信先が郵便料金を負担)の場合、切手を貼る必要はありませんのでご注意下さい。

 

以上のマナーを守り、返信先の方に失礼の無いようにしましょう。

定形封筒と定形外封筒の違い

お客様は、定形封筒と定形外封筒の違いをご存知でしょうか。

この2つの違いを簡単に説明すると、定形郵便物かそうでないか、ということです。

今回の記事では、そんな定形郵便物と定形外郵便物が、どのように違うのかについて説明していきたいと思います。

 

・定形郵便物とは

定形郵便物とは以下の条件を満たす郵便物のことを言います。

重さ 〜50g

長さ 14~23.5cm

幅 9~12cm

厚さ 〜1cm

長方形である

1つでも当てはまらなかった場合は定形郵便物ではないので、ご注意下さい。

また、料金は25g以内が82円、50g以内が92円となっています。

重さをよくお確かめになってから、切手をご購入下さい。

 

・定形外郵便物とは

定形外郵便物とは以下の条件を満たす郵便物のことを言います。

重さ 〜4kg

長さ 14~60cm

幅 9cm〜

長さ・幅・厚さの合計が90cm以内

長方形でなくても送ることができ、筒状のもの(円の直径は3cm以上)でも送ることができます。

また、上記の条件を満たしさえすれば、ダンボールも定形外郵便物として送ることができます。

切手を貼ることができれば、商品がむき出しになっているものでさえも問題無いのです。

また、ポストに入るサイズであれば、ポストに入れるのも問題ありません。

料金は、以下のようになります。

〜50g 120円

〜100g 140円

〜150g 205円

〜250g 250円

〜500g 400円

〜1kg 600円

〜2kg 870円

〜4kg 1,180円

 

また当店でお取り扱いしている封筒を、定形封筒と定形外封筒に分けると次のようになります。

<定形封筒>

長3(235×120mm)

長4(205×90mm)

洋長3(235×120mm)

A4三折(105×220mm)

長40(225×90mm)

洋4(235×105mm)

<定形外封筒>

角2(332×240mm)

角形A3(445×340mm)

角0(382×287mm)

角1(382×270mm)

角3(277×216mm)

 

しっかりとサイズ、重さをお確かめの上、適切な切手をお貼り下さい。

封筒に貼る切手の位置は、どこが正しい?

お客様は、封筒に切手を貼る際の、正しい位置をご存知でしょうか。

切手を貼る位置を間違えただけで郵便物が届かないということは稀ですが、間違った位置で切手を貼り送った場合、送り先の相手に大変失礼な印象を与えてしまいます。

今回の記事では、封筒に貼る切手の正しい位置をご紹介していきます。

 

・封筒を縦に使う場合

和封筒・洋封筒ともに、封筒を縦に使う場合は切手は封筒の左上部分に貼りましょう。

また、封筒に切手を貼る範囲は、上から7cm ×左から3.5cmの間となっています。

 

<なぜ上7cm ×左3.5cm?>

郵便局では、定形封筒の場合は機械でスタンプを押します。

この機械は、上7cm ×左3.5cmの範囲にしか対応していないため、別の箇所に切手を貼ってしまいますと、郵便局員の手でスタンプを押さなくてはならなくなります。

郵便局の方の手間がかからないよう、上7cm ×左3.5cmの範囲に貼りましょう。

 

また、切手を複数枚封筒に貼る場合は、縦に並べて貼りましょう。

 

・封筒を横に使う場合

和封筒・洋封筒ともに封筒を横に使う場合は、封筒の開封口、印刷された郵便番号欄が右側にくるようにし、切手は封筒の右上部分に貼りましょう。

 

<なぜ右上?>

それは、左方向に90度回転して封筒を縦の配置にすることで、縦に使用するときと同様に、郵便局の機械でスタンプを押すことが可能になるためです。

縦にしたとき上7cm ×左3.5cmの範囲になるように、切手を貼りましょう。

これにより、郵便局の方の余計な手間を省くことが出来ます。

縦に使う場合と同じように、封筒の左上に貼ってしまう方が非常に多いので、ご注意ください。

 

また、切手を複数枚封筒に貼る場合は、横に並べて貼りましょう。

 

・定形外封筒の場合 

定形外封筒の場合は、機械でスタンプを押すことができないので郵便局の方の手で押すこととなります。

但し、郵便局員が見たときに分かりやすいよう、定形封筒と同じく、上記のように切手を貼付けるのがマナーとなっています。

郵便局員の方に迷惑がかかるだけではなく、送り先の方に常識のない人だと思われてしまうかもしれないので、適切な位置に切手を貼りましょう。

 

正しい位置に切手を貼り、失礼のないようにしたいものです。

封筒に入れる書類の正しい折り方は?

お客様は封筒に入れる書類の正しい折り方をご存知でしょうか?

実は、封筒に入れる書類の折り方にもマナーがあります。

今回の記事では、マナーにそった正しい書類の折り方を解説していきたいと思います。

 

まず、お客様のお使いになられる封筒をご確認ください。

お客様の封筒が和封筒・洋封筒かによって、折り方のマナーは異なりますので注意が必要です。

寸法の短い方に封入口がある場合は和封筒、寸法の長い方に封入口がある場合は洋封筒となります。

 

・和封筒の場合

和封筒に書類を入れる場合は、三つ折が基本です。

まず、文章の書いてある面を表にし、下から3分の1のところを折り上げます。(ずれたり曲がったりしてしまわないように、ここはしっかり定規などを使用し、3分の1を計るのをおすすめします。)

次に、上から3分の1のところを折り下げ、完成です。

つまり、折られた書類を開けるときに、文章の書き出しが最初に見えるように折るのがマナーです。

また、封筒のサイズによっては四つ折でも良いでしょう。

四つ折の場合は、下から半分に折り上げてから、もう1度下から半分に折り上げて完成です。

 

・洋封筒の場合

洋封筒の場合は、漢字の『十』のような折り目になるように、四つ折にするのが基本です。

但し、縦書きか横書きかで折り方が違うので注意が必要です。

縦書きの場合は、文章が書いてある部分を表にし、最初に左から右へ半分に折り、下から上へ半分に折ります。

横書きの場合は、最初に下から上へ半分に折り、右から左へ半分に折ります。

そのまま向きを変えずに、ご封入ください。

また、書類や封筒のサイズの関係で、二つ折・三つ折で入る場合は四つ折でなくても構いません。

むしろ、四つ折にしたいがために、不自然な封入をしてしまう方がマナー違反になってしまうのでご注意ください。

 

また、和封筒・洋封筒ともに、のり付けが正しいマナーです。

セロハンテープやホッチキスは使わないようにしましょう。

相手に失礼の無いよう、しっかりとマナーに沿った折り方で、書類をご封入ください。



作り方や料金など何でもご相談ください。