封筒のデジタル孔版印刷とオフセット印刷の違いは?


当店では、印刷方式はデジタル孔版(こうはん)印刷オフセット印刷の2種類から選択していただけますが、この2つの違いはどういったものなのでしょうか?

お客様のニーズに合わせて、どちらの印刷方法を選べば良いのかお知らせしたいと思います。

 

まず1つ目に、デジタル孔版印刷とオフセット印刷には印刷精度の違いがあります。

デジタル孔版印刷よりオフセット印刷の方が印刷精度が高くなり、くっきりとした高品質な仕上がりになります。

ですが、そこまで大きな違いは無く、40~50cmの距離からの比較では、品質の違いを見分けられない人もかなり多いようです。

とは言っても、じっくりと比較させると違いは明確です。

 

print_06

よって、印刷精度にこだわる方は、オフセット印刷がおすすめです。

もちろんデジタル孔版印刷だからといって、印刷の質が悪い訳ではありません。

当店では責任者が1枚1枚印刷汚れ、折れ、仕様間違い、数量不足などが無いように検品作業を行い、クリアしたものだけを丁寧に梱包してお届けしています。

オフセット印刷の方が品質がより良く、くっきりとした仕上がりになるというだけですので、どちらの印刷方法でも安心です。

 

2つ目に、コスト面の違いがあります。

大きなロットではオフセット印刷のほうがお得ですが、小ロットの印刷ではデジタル孔版印刷の方がお得になっています。

また、10枚単位で注文可能なので、小ロットの依頼ならデジタル孔版印刷がおすすめです。

 

3つ目に、印刷スピードの違いがあります。

オフセット印刷より、デジタル孔版印刷の方が印刷が断然スピーディーです。

当店ではデジタル孔版印刷で14時までにお申し込みされた場合、翌日出荷が可能になっています。(オフセット印刷の場合でも、3営業日後の出荷が可能です。)

お急ぎの方はデジタル孔版印刷がおすすめです。

 

但し、デジタル孔版印刷は、角形A3・角0・角2マチのサイズには対応しておりません。
また、2色印刷につきましては、角2・長3のみ、黒・赤・青・紺で可能となっておりますのでご注意ください。

print_01

 

といった感じで、デジタル孔版印刷とオフセット印刷の違いを説明させていただきましたが、ご理解いただけましたでしょうか。

お客様の目的と予算、必要な機能に合わせてお選び下さいませ。



作り方や料金など何でもご相談ください。