お礼状を入れる封筒はどんなものがいい?


最近はメールでお礼を済ませてしまう方が多いようですが、丁寧に感謝の気持ちを伝える場合は、やはりお礼状を書くのが一番です。

但し、お礼状に使う封筒・カードにも、正式なマナーがあります。

今回の記事では、そんな失礼の無い封筒・カードの選び方について紹介していきます。

 

・封筒の選び方 

まず色ですが、特に理由がない限り基本的に白色を選びましょう。

futatsu_01

特に、お礼状に茶封筒を使用するのはマナー違反となっています。

茶封筒は基本的に請求書などのビジネス用途や事務用で、感謝の気持ちをこめるお礼状には適さないからです。(とはいっても、事務用に白封筒を使うのは特にマナー違反ではありません。)

また、基本的には無地の封筒をお選びください。

余計な模様やデザインの入った封筒を選ぶのは失礼に当たります。

例外として、筋模様のデザインなら構いません。

tanban_02

また、個人的なお礼状を送る場合には、弔辞を除き二重封筒がマナーとなっていますが、お客様が取引先や顧客にお礼状を送る場合は一重封筒が一般的です。

 

・カードの選び方

こちらも、基本的には白の無地をお選びください。

カラフルで余計なデザイン(筋模様を除く)が入ったカード・便せんはマナー違反です。

淡い色であれば特に問題はありませんが、特別な理由がない限り白を選ぶのがベストです。

また、最近は横書きで書くことも多くなりましたが、改まった手紙を書く場合はやはり縦書きが一般的となっていますので、線の入ったカード・便せんを選ぶ場合は縦書きを選ぶのが無難です。

 

当店の運営元・株式会社アーツの系列サイト「ビジネス挨拶状印刷.com」では、封筒とカードをセット販売しているので、大変便利です。

用紙は「ケント紙」のほかに、「大礼紙」という高級感ある和紙を使ったものもお選びいただけますので、特別な相手に対するお礼状にも安心です。

また、カードの部分には、お礼の挨拶文が印刷可能となっており、封筒の裏面には差出人の会社・氏名・住所の印刷ができます。

オプションで宛名印刷も可能になっておりますので、大変便利です。

お客様の感謝がより伝わりますよう、正しいマナーに沿った封筒・カードをお選びください。



作り方や料金など何でもご相談ください。