封筒に宛名をきれいに手書きしたい


封筒に宛名を書く際、手書きにすると心がこもった感じを与え好印象です。

とはいえ、正しくきれいに手書きせずに送った場合、送り先の相手に逆に悪い印象を与えてしまいがちです。

封筒の宛名の美醜が、送り先の相手からの第一印象を決定付けるといっても過言ではありません。

今回の記事では、そんな封筒の宛名や住所を手書きするにあたってのポイントを、いくつか紹介していきます。

 

・鉛筆やシャープペンシルで下書き

鉛筆やシャープペンシルを使って、薄く下書きしましょう。

消しゴムできれいに消せるように、芯は出来るだけ薄いものが良いかもしれません。

手間はかかりますが、失敗したときのためにも、一度下書きするのをおすすめします。

 

・宛名は住所よりも大きく、中央に書く

宛名は住所よりも大きく、中央に書きましょう。

稀に、住所と同じ大きさで宛名を書く方がいらっしゃいます。

宛名は目立つように、大きく書くのがマナーです。

 

・区切りの部分の間は少し空ける

名字と名前の間など、区切りの部分は少し空けるようにしましょう。

名前と「様」の間、「株式会社」と会社名、「御中」の間も同様に空けましょう。

<区切り例>

封筒 刷男 様

株式会社 アーツ 御中

 

・寸詰まり、寸足らずにならないようにする

文字がきれいでも、全体のバランスが悪いと印象は良くありません。

文字の間のスペースが均等になるよう心がけ、寸詰まり、寸足らずにならないようにしましょう。

 

・漢数字を使う

住所などの数字を記入する際、縦書きの場合は漢数字を使用しましょう。

横書きの場合は漢数字、算用数字どちらでも大丈夫です。

もちろん、郵便番号の数字はどちらの場合も算用数字です。

 

・正式名称を書く

会社名は、「株式会社」「有限会社」などと正式名称で書きましょう。

(株)(有)などの略称を使用するのは、マナー違反となりますのでご注意ください。

 

・敬称について

敬称は部署宛の場合は「御中」を使い、個人宛には「様」を使用しましょう。

会社名プラス個人名の場合には、「御中」は不要で、「様」のみで大丈夫です。

 

きれいに正しく宛名を書き、相手先に悪い印象を与えないようにしましょう。



作り方や料金など何でもご相談ください。