余った封筒・使用済み封筒の利用・処分の方法


お客様は余った封筒や使用済みの封筒をどうされていますでしょうか。

余った封筒や使用済み封筒には、お客様の生活に役立つ意外な使い道がたくさんあります。

この記事では、そんな封筒の再利用・処分方法を、いくつか紹介していきます。

封筒の再利用は環境にもとても良いことですので、今まではそのまま捨ててしまっていたお客様も、是非封筒を有効活用してみてください。

 

<個人名が入っていない封筒>

 

・封筒を裏表逆にして再利用

封筒は、のり付けされている合わせ目の部分を剥がし、中の無地の部分を表にすることで再利用することが出来ます。

その合わせ目の部分を、再度のり付けすれば完成です。

また、封筒の合わせ目には隙間がある場合が多いので、剥がしにくい場合は、ペーパーナイフを使うのも良いでしょう。

但し、お堅いビジネスシーンでは、封筒の再利用はマナー違反とされる場合が多いです。

親しい家族・友人に送る場合以外は、やめておいたほうが無難かもしれません。

 

・書類入れや小物入れ・ゴミ入れに

封筒は、書類入れはもちろん、ピン・輪ゴムなどの小物入れにも利用出来ます。

当店の封筒はカラーバリエーションが豊富ですので、部屋のカラー・バッグのカラーに合わせて、おしゃれに収納することが出来ます。

また、ちょっとしたゴミ入れとしてもおすすめです。

 

・切り開いてメモ用紙に

封筒をはさみで切り、メモ用紙代わりに使用するのもおすすめです。

電話口に置いてあると嬉しいですね。

 

・エチケット袋に

サイズの大きい封筒の場合、中にビニール袋を入れ、エチケット袋にするのもおすすめです。

犬を飼っている方は、散歩の際のフン入れにするのも良いでしょう。

中身が透けないので、周りに不快感を与えること無く処理出来ます。

 

・オークションサイトで出品

未使用の封筒が大量に余っている場合、オークションに出品するのも良いかもしれません。

100枚以上封筒が余っている方には、大変おすすめです。

フリーマーケットなどを利用するのも良いでしょう。

 

<個人名が入っている封筒>

 

宛名に個人名が入った封筒を、裏書など他の用途にすることは
個人情報保護の観点から認められません。

宛名に個人名を含む封筒は、

シュレッダーにかける

ハサミ等で切り刻む

機密保持の契約を結んだリサイクル業者に引き渡す

などの方法がベストです。

 

お客様のアイデア次第で、封筒は様々な用途に使えます。

そのままゴミ箱に入れるのではなく、何か新しい利用方法を見つけてみてください。



作り方や料金など何でもご相談ください。