封筒豆知識・封字の活用方法や適切な使用方法とは


大量に郵送されるビジネス関連の封筒では省かれることの多い【封字】ですが、

間違った使い方をしないために、また有効的に使用するために、ちょっとした豆知識をお知らせします。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【封字】とは、そもそも古代中国で始まったとされており、

木簡に泥粘土をあてて印を押したものに由来しています。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

我が国日本では「〆」という文字を書いて封字とする場合が多いものの、

欧米ではシーリングスタンプを押すことが当たり前なので、

海外へ届ける封筒にはスタンプやシールを貼った方が良いとされています。

外国の方から見ると「〆」の文字は「×」に見えるのだそうです。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

また、間違った使い方として「〆」ではなく、本当に「×」と

書いているものも時々見かけます。×と書いて封をするのは

適切ではありませんので注意しましょう。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

封字は文字を書くだけでなく、上記のようにスタンプやシールでも

もちろん代用できます。

「確かに封をしました」という意味とともに、

「誰にも開けられていません」という証にもなる封字には

ビジネスシーン向けのものやプライベート向けのものまで

幅広くあるのです。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

手書きするのもよし、スタンプを使うもよし、

最近では様々な便利グッズも登場していますので、ぜひ活用してみてください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

ちなみに「〆」は「締」の略字で、幅広く一般的によく使われています。

「封」は封じるという意味で、少しあらたまった印象を与えます。

「緘」(かん)は重要な書類などに使うと良いでしょう。

————————————————-

「寿」や「賀」はおめでたい意味があり、慶事でよく使われます。

————————————————-

その他にプライベート向けとして「蕾」「莟」「つぼみ」などがあります。

上記は「つぼむ」という意味があり、女性だけが使える封字だそうです。

1-7



作り方や料金など何でもご相談ください。