封筒の歴史・封筒が使われ始めた時期はいつか?


 

私達が当たり前に使っている「封筒」ですが、

その歴史はいったい いつから始まったのでしょうか?

 

 

本日は封筒が実際に使われ始めた時期を調べてみました。

 

 

封筒は16世紀から17世紀にかけてヨーロッパで使われ始めたようです。

 

その昔、郵便料金は枚数や移動する距離によって料金を定めていました。

封筒自体がすでに「1枚」と数えられていたため、郵便料金を

少しでも安くするために便箋をむき出しのまま、文字部分を

内側に折り込むような形で手紙が送られることも多かったそうです。

 

 

「封筒」が一般的に普及したのは1840年のイギリス郵便制度改革時で、

重量によって郵便料金が定められた頃だといわれています。

 

確かに、枚数ではなく重量で郵便料金が計算されるのであれば

封筒は使いやすくなりますね。

 

 

日本では文字を書いた紙を、何も書いていない真っ白な紙で包みこんで

送る習慣がありました。正式な時期は不明ですが、 江戸時代頃には

現在の封筒のような縦長の袋状の入れ物が存在したと いわれているのです。

 

koredayoS

 



作り方や料金など何でもご相談ください。