封筒の大きさは日本工業規格で定められています


 

封筒はたくさんの種類がありますが、その大きさは

日本工業規格で 決められています。

 

封筒は大きさによってそれぞれ呼び名があるのです。

形によって分けられていますが、長形封筒や角形封筒に分類され、

それぞれ大きさによって数字が割り振られています。

(数字が小さいほど大きな封筒となっています)

 

 

日本ではA4用紙やB5用紙が書類として一般的に使用されているため、

これらの用紙が入れやすい封筒サイズが普及しています。

 

 

A4用紙やB5用紙を折らずにそのまま入れる封筒から、

三つ折りにしてピッタリ収まる封筒サイズなどが特に人気です。

 

 

中でも折り曲げて入れるサイズの長3封筒や長4封筒などは

比較的安い料金で郵送出来る定形郵便」ですので、

ビジネスシーンなどでは大活躍します。

2013y03m12d_2351312412013y03m13d_000039084

 

 

A4用紙やB5用紙が折らずにそのまま入る大きい封筒は

郵送時に少々料金が高くなる定形外封筒扱いになります。

大切な書類など折り目をつけずに入れたい場合には

角形封筒を利用すると良いでしょう。

2013y03m13d_001038649

 

 

 

※角形封筒は縦サイズが横サイズの2倍より短い封筒で、

長形封筒は縦サイズが横サイズの2倍程度ある細長い封筒です。

 

 

 



作り方や料金など何でもご相談ください。