医師の紹介状などで使われる脇付「御侍史」の意味


 

手紙の宛先に添えて敬意や注意を表すために使用する言葉を

脇付(わきづけ)と言います。

本日は、ちょっと気になる脇付の意味をご紹介いたします。

 

 

病院で紹介状を書いてもらった時に、このような文字を

見たことはありませんか?

 

「御侍史」

 

これは先に紹介しました「御机下」と同じような意味で、

主に医師の紹介状などで多く使われています。

 

 

「○○科 ○○先生様 御机下」

「○○病院 ○○先生様 御侍史」など

 

「御侍史」の意味とは、手紙を書く人が自分よりも位の高い方へ

直接渡すのが畏れ多いため、書記官(侍史)に取り次ぎをお願いしたいのですが…と

書き添える言葉だとされています。

 

 

元々は「侍史」とだけ書いていたものですが、丁寧さをこめて

現在では御の字を足し、「御侍史」と書くようになりました。

 

 

古い表現ですので、これらの言葉の意味を知っている方は 意外と少ないようです。

皆さんはご存じでしたか?

 

memoS

 

 

 



作り方や料金など何でもご相談ください。