封筒の規格・「長形」「角形」「洋形」


 

JIS(日本工業規格)では封筒の規格を「長形・角形・洋形」の

3タイプで表示しています。

(その他にも窓枠の有無や用途などで規定を設けています。)

 

 

それぞれの封筒の形状についての読み方は以下の通りです。

「長形」←なががた…縦サイズが横サイズの2倍ほどある封筒です。

「角形」←かくがた…縦サイズが横サイズの2倍より短い封筒です。

「洋形」←ようがた…長い辺に封入口がある封筒です。

 

フリガナがないので、読み方は人それぞれですが、基本は上記のように

なっています。「洋形」などは「ようけい」と読む人も多いようです。

 

 

当店で扱う「洋長3封筒」は、JIS(日本工業規格)の封筒ではなく、

封筒製造業者によるサイズ呼称となっています。

(このようにサイズ呼称で呼ばれる封筒も数多くあります)

 

2013y06m14d_215848908

 

洋長3封筒のサイズは235×120mmです。

「洋形」で表すと…じつは「洋形0号」235×120mmのことなのです。

 

 

封筒のサイズは多くありますが、すべてがJIS規格ではありません。

豆知識のひとつとして覚えておくと…いつか役に立つかもしれません。

 

 

 



作り方や料金など何でもご相談ください。