レイアウト調整機能を使って、文字を印刷保証範囲内に収める方法


 

※前回の続きです。

 

印刷したい封筒の内容を入力している際、印刷内容入力画面で

「注意:封筒をはみ出している文字が存在します」と 表示された場合の

対処方法についての続きです。

 

 

レイアウト調整画面にて、はみ出している文字や罫線の

位置や大きさを調整します。

2013y06m22d_235000829

 

 

緑の点線(印刷保証範囲)からはみ出している文字をクリックします。

すると…

2013y06m22d_234100890

このように、大きさなどを調整できるようになります。

 

 

青色で記された線が緑の点線をはみ出しているので、 このままではNGです。

 

 

※文字だけ見ると、枠内に収まっていますが、 文字を選択した時に、

その文字の枠が緑の点線をはみ出していると エラー表示が出ます

(注意:封筒をはみ出している文字が存在します←と表示されます)

 

 

 

ですから、緑の点線内に青色の線を収める必要があります。

同時に、会社名が少し大きいので…サイズを変更する必要もあります。

 

枠だけ縮めて終了すると、文字のサイズが大き過ぎた場合、

はみ出した部分の文字が表示されなくなってしまいます。

 

 

<悪い例>

2013y06m23d_001550264

会社名の激安本舗封筒印刷屋.comの「.com」が表示されていません

 

 

実際にやってみましょう。

青色の枠線の端にあるグリーンの丸をつかんで、枠を縮めます。

2013y06m22d_234311837

 

このように青い線が小さくなり、緑の点線内に収まりました。

では、中の文字も大きさを変えてみましょう!!

 

 

※次回は文字の大きさを小さくする方法をご説明します。

 

 

 

 

 



作り方や料金など何でもご相談ください。