社名入り封筒印刷・使用する書体で印象がガラリと変わる例【明朝体】


 

社名入り封筒を作成する時、印刷に使用する書体を変えるだけで

印象がガラリと変わります。

 

 

ですから、社用封筒作成の際、会社のイメージに合う書体選びも

大切なポイントとなるわけです。

 

 

当店では8種類の書体をご用意しています。

いずれもビジネスシーンで使いやすいものばかりですので、

安心してお選びください。

 

本日は「明朝体」についてお話します。

 

 

 

当店では【太明朝体】と普通の【明朝体】の 2パターンがございます。

明朝体は、漢字や仮名などの表示・印刷において、「 標準」ともいえる

代表的な書体です。

 

 

【太明朝体】のイメージは…

男性的で、大人っぽく、権威的、歴史を感じる、かたい印象です。

2013y07m18d_113027552

 

 

一方、ノーマルの【明朝体】のイメージは…

中性的で、モダンな感じ、都会的な印象を受ける文字とも言えます。

2013y07m18d_113032232

 

 

 

 

お客様の会社名は、太い文字が似合うでしょうか?

それとも、細い文字が似合うでしょうが?

 

 

 

 



作り方や料金など何でもご相談ください。