封筒に入れる書類の正しい折り方は?


お客様は封筒に入れる書類の正しい折り方をご存知でしょうか?

実は、封筒に入れる書類の折り方にもマナーがあります。

今回の記事では、マナーにそった正しい書類の折り方を解説していきたいと思います。

 

まず、お客様のお使いになられる封筒をご確認ください。

お客様の封筒が和封筒・洋封筒かによって、折り方のマナーは異なりますので注意が必要です。

寸法の短い方に封入口がある場合は和封筒、寸法の長い方に封入口がある場合は洋封筒となります。

 

・和封筒の場合

和封筒に書類を入れる場合は、三つ折が基本です。

まず、文章の書いてある面を表にし、下から3分の1のところを折り上げます。(ずれたり曲がったりしてしまわないように、ここはしっかり定規などを使用し、3分の1を計るのをおすすめします。)

次に、上から3分の1のところを折り下げ、完成です。

つまり、折られた書類を開けるときに、文章の書き出しが最初に見えるように折るのがマナーです。

また、封筒のサイズによっては四つ折でも良いでしょう。

四つ折の場合は、下から半分に折り上げてから、もう1度下から半分に折り上げて完成です。

 

・洋封筒の場合

洋封筒の場合は、漢字の『十』のような折り目になるように、四つ折にするのが基本です。

但し、縦書きか横書きかで折り方が違うので注意が必要です。

縦書きの場合は、文章が書いてある部分を表にし、最初に左から右へ半分に折り、下から上へ半分に折ります。

横書きの場合は、最初に下から上へ半分に折り、右から左へ半分に折ります。

そのまま向きを変えずに、ご封入ください。

また、書類や封筒のサイズの関係で、二つ折・三つ折で入る場合は四つ折でなくても構いません。

むしろ、四つ折にしたいがために、不自然な封入をしてしまう方がマナー違反になってしまうのでご注意ください。

 

また、和封筒・洋封筒ともに、のり付けが正しいマナーです。

セロハンテープやホッチキスは使わないようにしましょう。

相手に失礼の無いよう、しっかりとマナーに沿った折り方で、書類をご封入ください。



作り方や料金など何でもご相談ください。