封筒に貼る切手の位置は、どこが正しい?


お客様は、封筒に切手を貼る際の、正しい位置をご存知でしょうか。

切手を貼る位置を間違えただけで郵便物が届かないということは稀ですが、間違った位置で切手を貼り送った場合、送り先の相手に大変失礼な印象を与えてしまいます。

今回の記事では、封筒に貼る切手の正しい位置をご紹介していきます。

 

・封筒を縦に使う場合

和封筒・洋封筒ともに、封筒を縦に使う場合は切手は封筒の左上部分に貼りましょう。

また、封筒に切手を貼る範囲は、上から7cm ×左から3.5cmの間となっています。

 

<なぜ上7cm ×左3.5cm?>

郵便局では、定形封筒の場合は機械でスタンプを押します。

この機械は、上7cm ×左3.5cmの範囲にしか対応していないため、別の箇所に切手を貼ってしまいますと、郵便局員の手でスタンプを押さなくてはならなくなります。

郵便局の方の手間がかからないよう、上7cm ×左3.5cmの範囲に貼りましょう。

 

また、切手を複数枚封筒に貼る場合は、縦に並べて貼りましょう。

 

・封筒を横に使う場合

和封筒・洋封筒ともに封筒を横に使う場合は、封筒の開封口、印刷された郵便番号欄が右側にくるようにし、切手は封筒の右上部分に貼りましょう。

 

<なぜ右上?>

それは、左方向に90度回転して封筒を縦の配置にすることで、縦に使用するときと同様に、郵便局の機械でスタンプを押すことが可能になるためです。

縦にしたとき上7cm ×左3.5cmの範囲になるように、切手を貼りましょう。

これにより、郵便局の方の余計な手間を省くことが出来ます。

縦に使う場合と同じように、封筒の左上に貼ってしまう方が非常に多いので、ご注意ください。

 

また、切手を複数枚封筒に貼る場合は、横に並べて貼りましょう。

 

・定形外封筒の場合 

定形外封筒の場合は、機械でスタンプを押すことができないので郵便局の方の手で押すこととなります。

但し、郵便局員が見たときに分かりやすいよう、定形封筒と同じく、上記のように切手を貼付けるのがマナーとなっています。

郵便局員の方に迷惑がかかるだけではなく、送り先の方に常識のない人だと思われてしまうかもしれないので、適切な位置に切手を貼りましょう。

 

正しい位置に切手を貼り、失礼のないようにしたいものです。



作り方や料金など何でもご相談ください。