定形封筒と定形外封筒の違い


お客様は、定形封筒と定形外封筒の違いをご存知でしょうか。

この2つの違いを簡単に説明すると、定形郵便物かそうでないか、ということです。

今回の記事では、そんな定形郵便物と定形外郵便物が、どのように違うのかについて説明していきたいと思います。

 

・定形郵便物とは

定形郵便物とは以下の条件を満たす郵便物のことを言います。

重さ 〜50g

長さ 14~23.5cm

幅 9~12cm

厚さ 〜1cm

長方形である

1つでも当てはまらなかった場合は定形郵便物ではないので、ご注意下さい。

また、料金は25g以内が82円、50g以内が92円となっています。

重さをよくお確かめになってから、切手をご購入下さい。

 

・定形外郵便物とは

定形外郵便物とは以下の条件を満たす郵便物のことを言います。

重さ 〜4kg

長さ 14~60cm

幅 9cm〜

長さ・幅・厚さの合計が90cm以内

長方形でなくても送ることができ、筒状のもの(円の直径は3cm以上)でも送ることができます。

また、上記の条件を満たしさえすれば、ダンボールも定形外郵便物として送ることができます。

切手を貼ることができれば、商品がむき出しになっているものでさえも問題無いのです。

また、ポストに入るサイズであれば、ポストに入れるのも問題ありません。

料金は、以下のようになります。

〜50g 120円

〜100g 140円

〜150g 205円

〜250g 250円

〜500g 400円

〜1kg 600円

〜2kg 870円

〜4kg 1,180円

 

また当店でお取り扱いしている封筒を、定形封筒と定形外封筒に分けると次のようになります。

<定形封筒>

長3(235×120mm)

長4(205×90mm)

洋長3(235×120mm)

A4三折(105×220mm)

長40(225×90mm)

洋4(235×105mm)

<定形外封筒>

角2(332×240mm)

角形A3(445×340mm)

角0(382×287mm)

角1(382×270mm)

角3(277×216mm)

 

しっかりとサイズ、重さをお確かめの上、適切な切手をお貼り下さい。



作り方や料金など何でもご相談ください。