返信用封筒の注意点(作るとき・送るとき)


お客様は、返信用封筒を作成する際の、正しいマナーをご存知でしょうか。

ここでは、返信用封筒の作成方法、それに当たっての注意点を紹介していきます。

 

・自分の住所、郵便番号、氏名(会社名)を表に

相手が自分に返信するための封筒ですので、表には自分の住所、郵便番号、氏名(会社名)を書きます。

但し、氏名(会社名)の最後には「行」をつけましょう。

「行」ではなく「宛」でもマナー違反では無いですが、一般的には「行」を使うことが多いです。

会社名は(株)(有)とは書かず、「株式会社」「有限会社」などと正式名称で書き、区切りの部分は空けましょう。(例:「封筒 刷男 行」)

また、縦書きの場合は、算用数字を使うのはマナー違反ですので、漢数字を使用しましょう。(横書きの場合は漢数字、算用数字どちらでも大丈夫です。)

 

<「様」「御中」でも大丈夫?>

返信用封筒を返信するときは、「行」、または「宛」を二重線で消し、個人の場合は「様」、法人の場合は「御中」に書き換えるのがマナーですが(詳しくはこちらの記事を参照)、最近ではその作業を相手にさせないよう、「様」「御中」をつけることも多くなっています。

また、自分の名前の最後には何も付けない、という方もいらっしゃいます。

ですが、ビジネスシーンでは、「様」と付けたり、何も付けないのをマナー違反とする方も中にはおり、やはり「行」を使うのが無難と言えそうです。

また、相手が「様」「御中」と書き換えやすいよう、「行」を縦書きなら左、横書きなら下に少しずらして書くのも良いでしょう。

 

・裏面は白紙

返信用封筒では、基本的に裏面は白紙にします。

相手に返信の手間を取らせぬよう、送り先の住所を書く方もおられますが、一般的には何も書かないのがマナーとなっています。

絶対ではないので、お客様の状況によって、書くか書かないかはご判断下さい。

 

・切手は貼っておく

「料金受取人払郵便」の封筒(返信先が郵便料金を負担)などの例外を除き、切手は同封ではなく表に貼っておきましょう。

貼り忘れるのは大変マナー違反となっていますので、ご注意下さい。

封筒を縦に使う場合は、和封筒・洋封筒ともに、封筒の左上部分(上から7cm ×左から3.5cmの間)、封筒を横に使う場合は、封筒の開封口、印刷された郵便番号欄が右側にくるようにし、封筒の右上部分(縦にしたとき上から7cm ×左から3.5cmの間)に切手を貼るのがマナーです。

 

・入らない場合は折る

返信用封筒は、送る封筒の一回り小さいものにするのがおすすめですが(例:長3の封筒に長4の返信用封筒)、入らない場合は折っても構いません。

相手に悪い印象を与えないよう、きれいに折りましょう。

 

以上の項目を守り、返信用封筒を正しく作成して相手先にお送り下さい。



作り方や料金など何でもご相談ください。