過去6,300万枚の印刷実績。かんたん作成で全国にオリジナル封筒をお届けします。

  • 5,000円以上で全国送料無料
  • 最短翌日出荷
  • 10枚から注文OK
  • 大ロット法人歓迎
  • クレジットカード・銀行振込・後払い対応

お気軽にお問合せください 06-6734-6774 【受付時間】9:30~17:00【定休日】土・日・祝

お問合せはこちら

どんなサイズの封筒が便利?ビジネスシーンでよく使う封筒はコレ!


ビジネスシーンでは、書類の受け渡しなどによく使われる封筒。会社やお店のロゴやアドレスが入った“マイ封筒”を印刷して常備している方も多いのではないでしょうか。
でも、いざ「わが社の専用封筒を作成しよう!」と思っても、「いったいどんなサイズの封筒があればいいの?」と悩んでしまう方も多いはず。
そこで、一般的に利用される封筒のサイズについてご紹介します。

 

 

●業務に必須なサイズは? 一般的な封筒サイズはこの3つ!

 

 

ビジネスシーンで最も使われている封筒サイズは、長3封筒、長4封筒、角2封筒です。
teiban size

 

なぜ、この3種類なのでしょうか? それは、ビジネス文書に利用されることの多い用紙サイズに関係しています。

 

ビジネスで頻繁に使われる用紙サイズの代表格といえば、A4判(210㎜×297㎜)です。これは、世界各国で使われている国際規格のサイズです。
次いで使われることの多いのが、B5判(182×257㎜)。これは江戸時代に広く流通していた美濃和紙の大きさを基準に作られた日本独自のサイズなんだとか。

 

このA4判とB5判の2種類は、その大きさの用紙が契約書や会議資料などの書類に使われるだけでなく、ノートやファイルなど、この大きさに基づいたオフィス用品も多いサイズです。
ですから、業務で使う封筒のサイズは、A4判とB5判の大きさのものが入れられると便利、ということになります。

 

つまり、長3、長4、角2の3種類は、A4判とB5判に対応している封筒、というわけなのです。

 

 

●長3、長4、角2ってどんなサイズ?

 

pixta_39838292_M

 

では、長3封筒、長4封筒、角2封筒が、それぞれどのような封筒なのか見てみましょう。

 

 

☆長3封筒(読み方:ながさん)

A4判の用紙が三つ折りで入るサイズ。82円切手で送れる最大のサイズでもあります。入れたとき、天地・左右に適度なゆとりがあるので、数枚重ねて厚みがあっても出し入れしやすく、ハサミで封を開けるときに誤って書類まで切ってしまう心配が少ないのも好まれるポイントです。

 

naga3 top_size_n3
 

☆長4封筒(読み方:ながよん)

B5判の用紙を三つ折りで入れられます。手書きの伝票のような小さめの書類を入れたり、長3封筒に同封する返信用封筒に使ったりするのに便利なサイズです。

 

naga4 top_size_n4
 

☆角2封筒(読み方:かくに)

A4判の書類を折らずに入れられるサイズ。履歴書や契約書などの折り曲げたくない書類や、厚みがあって折ることができないパンフレットなどに使われることが多い封筒です。書類の持ち運びや一時保管用としても便利です。
どれも、A4判とB5判の用紙の出し入れがしやすく、使い勝手が良いサイズの封筒であることが分かります。ビジネスシーンで好んで使われるのも頷けますね。

 

kaku2 top_size_k2
 

●用途に合わせ、さまざまなサイズの封筒が作られています

 

pixta_42280556_M

 

さて、ここまで一般的なサイズの封筒をご紹介しましたが、この他にも、さまざまな種類の封筒があります。
A4判の用紙に対応した封筒に限ってみても、用途に合わせて下記のような封筒が作られています。

 

 

☆窓付き封筒にするなら→A4三折封筒

三つ折りにしたA4判の用紙に対応しています。長3封筒に比べて天地・左右に余裕が少なく、中で書類が動きにくいので、窓付き封筒にしたときにズレにくいのが利点です。

 

a43tsuori top_size_hw3

 

 

☆四つ折りにして入れるなら→長40封筒

A4判の用紙を四つ折りにして入れられる、細長い形がスマートな印象の封筒です。長4封筒と同じ幅なので、三つ折りにしたB5判も入れることができます。
naga40 top_size_n40
 

☆横向きに入れるなら→洋長3封筒

長3封筒と同じ形ですが、封入口が長い辺にあり、三つ折りにしたA4判用紙を横向きに入れられる封筒です。

 

younaga3 top_size_yn3
 

このほかにもさまざまな形・サイズの封筒がありますから、封筒印刷を検討するときにはまず、“何を入れるのか”“どのようなシーンで使うのか”など、用途をよく検討しておくのが良さそうです。ご自身のニーズにぴったりの封筒を見つけて、オフィスの業務を効率よく進めてくださいね!

 

 

●長3は長形3号、角2は角形2号。“長形”、“角形”とは?

 

pixta_44980158_M

 

ところで、封筒のサイズを表す「長3」や「角2」という名称ですが、実はこれらは略称で、正式には「長形3号」、「角形2号」といいます。
長形、角形というのは、文字通り、封筒の“形”がどのようなものであるかを表しています。それぞれについて見てみましょう。

 

☆長形

“ちょうけい”ではなく、“なががた”と読みます。縦の長さが横の長さの2倍程度のあるもののことで、細長い形の封筒になります。紙を折ってコンパクトに封入するのに適した形です。

 

☆角形

読み方は“かくがた”。縦の長さが横の長さの2倍より短いもののことをいいます。正方形に近い形をしているのが特徴で、紙を折らずに入れるのに向いている封筒です。

 

katachi3ten

 

形を指す言葉には他に、洋形(読み方:ようがた)もあります。

 

☆洋形

もともとは海外で使用されていた横向きの封筒のこと。長形が短い辺に封入口がついているのに対し、洋形は長い辺についているものをいいます。見栄えが良いので、案内状やダイレクトメールの送付に好まれる封筒です。

ちなみに、“長”や“角”の後に続く数字は「2号」、「3号」という大きさを示す号数になっています。長形の封筒であれば、大きい順に長1、長2、長3、長4となります。

 

 

●82円切手で郵送できる封筒はどれ? 定形郵便・定形外郵便とは?

 

toukan

 

封筒のサイズは、郵便料金にも深く関わってきます。的確なサイズの封筒を使うことは、通信費の削減にもなるので注意したいところです。

郵便物には定形郵便と定形外郵便の2種類があり、82円切手を貼ってお安く送るためには、このうちの定形郵便でなければなりません。
定形郵便は、長さ14~23.5㎝、幅9~12㎝、厚さ1㎝以内と定められており、重さが25gまでであれば82円、50g以内であれば92円で送ることができます。

それぞれに該当する封筒サイズを一覧にしたものが下記の表です。

 

yubinhou_001

 

定形郵便の最大サイズである長3封筒をはじめ、長形封筒のほとんどは定形郵便で送付可能であることが分かります。
ちなみに、長3封筒を82円で送付する場合、封筒や中の用紙に使われている紙の種類によっても異なりますが、A4判の用紙を4枚程度入れることができます。

なお、角2封筒をはじめとする角形封筒のほとんどは定形外郵便となり、重さによって料金が細分されていますのでご注意くださいね。

 

 

●まとめ

 
この記事のポイントを今一度おさらいすると…

 

・ビジネスシーンでよく使われるサイズは、長3封筒、長4封筒、角2封筒

 

・A4判とB5判の用紙を入れやすい封筒が便利

 

・サイズによって郵便料金が変わるので要チェック

 

中に入れる書類の大きさや量などに適切なサイズの封筒を選ぶと、見た目にもスマートです。用途を意識したサイズ選びを心がけて、使い勝手の良い専用封筒を作成してくださいね!



お問い合わせ:アーツお客さま総合デスク

作り方や料金など何でもご相談ください。

お問い合わせフォーム