カテゴリー
お役立ち情報 ご注文の手引き

取り扱っている封筒のサイズ・用途を知りたい

インターネット通販で社名入り封筒印刷を注文する際、いろいろと気になることも多いのではないでしょうか?

ここでは「どんなサイズの封筒がありますか?」という疑問にお答えして、当店で扱う封筒のサイズについてご紹介させていただきます。

ビジネスでよく使うサイズの封筒を取り揃えています

封筒用紙サイズの一覧

当店ではビジネスシーンで活躍する長形封筒や角形封筒、スタイリッシュな洋形封筒まで幅広くご用意しています。

また、定番サイズの封筒から、大きいサイズの封筒、他店では取り扱いが少ない調整サイズの封筒まで取り揃えています。

当店で取り扱う封筒サイズは以下の通りです。

《長形封筒》

長3封筒 235×120mm
A4判の書類が3つ折りで入るサイズ(定形封筒)

長4封筒 205×90mm
B5判の書類が3つ折りで入るサイズ(定形封筒)

A4三折封筒 105×220mm
A4判の書類が3つ折りで入る、少し細めのサイズ(定形封筒)

長40封筒 225×90mm
A4判の書類が4つ折りで入るサイズ(定形封筒)

《角形封筒》

角形A3封筒 445×340mm
A3判の書類が折らずに入るサイズ

角0封筒 382×287mm
B4判の書類が折らずに入る、少し大きめのサイズ

角1封筒 382×270mm
B4判の書類が折らずに入るサイズ

角2封筒 332×240mm
A4判の書類が折らずに入るサイズ

角3封筒 277×216mm
B5判の書類が折らずに入るサイズ

《洋形封筒》

洋長3封筒 120×235mm
A4判の書類が3つ折りで入るヨコ形サイズ(定形封筒)

洋4封筒 105×235mm
A4判の書類が3つ折りで入る、少し細めのサイズ(定形封筒)

封筒の大きさは日本工業規格で定められています

上記でご紹介したように、たくさんの種類の封筒がありますが、その大きさは日本工業規格で決められています。

封筒は形や大きさによってそれぞれ呼び名があるのです。

形によって長形封筒や角形封筒、洋形封筒に分類され、それぞれ大きさによって数字が割り振られています。(数字が小さいほどサイズが大きな封筒となっています)

※角形封筒は縦サイズが横サイズの2倍より短い封筒で、長形封筒は縦サイズが横サイズの2倍程度ある細長い封筒です。

封筒のサイズ

日本ではA4用紙やB5用紙が書類として一般的に使用されているため、これらの用紙を入れやすいサイズの封筒が普及しています。

中でも、用紙を折り曲げて入れるサイズの長3封筒や長4封筒などは比較的安い料金で郵送できる「定形郵便物」となりますので、ビジネスシーンなどで多用されています。

A4用紙やB5用紙が折らずにそのまま入る大きい封筒は郵送時に少々料金が高くなる定形外郵便物の扱いになります。

仕事の内容に合った封筒を選びましょう

長形封筒や洋形封筒は、A4判やB5判の書類を三つ折りで 入れることができます。その他、小さめのものを入れるのに適している封筒です。
使い方は幅広く、様々なシーンで活躍します。郵便料金も安いのが特徴です。

角形封筒は大きな横幅のある封筒で、A4判やB5判の書類を折り曲げたくない場合に使うと良いでしょう。
当店ではA3判やB4判の書類にも対応する角形封筒をご用意しています。

定番サイズだけを扱う封筒屋さんは多いのですが、当店なら通常の定番封筒よりも、ほんの少し大きかったり、細めだったりする珍しいサイズの調整封筒もご用意しております。

なお、ビジネスでは中に入れる書類の大きさや厚み、量などに合わせて適切な封筒を使用することがマナーです。

たくさんの書類を小さめの封筒に押し込んでは、見た目が悪いだけでなく、大切な書類が破損したりする場合もあります。

受け取る相手に不快な印象を与えることなく、スマートにビジネス書類の受け渡しをしましょう。

また、封筒は、郵送だけでなく書類の保管や持ち運び時の保護袋としても活躍します。

皆様のお仕事内容にふさわしいサイズの封筒をぜひ当店で見つけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です