カテゴリー
お役立ち情報 お悩み解決

封筒の色で会社をイメージアップさせたい

当店では全36色の封筒色をご用意しています。

会社のイメージに合う封筒色を選んで、社名入り封筒を作成していただけます。

「色」は豊かな表情を表し、人によって受け取るイメージが違います。

封筒の色によって企業イメージがガラリと変わるかもしれません。お得意先・取引先の方の頭の中に、新しいイメージが深く刻み込まれるかもしれません。

社名入り封筒は企業の顔であり、名刺代わりでもあります。上手に色選びをして、会社のイメージにふさわしいカラー封筒を作成してみませんか?

ここでは、ご参考までに各カラーの一般的なイメージについてご説明いたします。

【白色・ホワイト】

白は清潔さや純粋さ、美しさや潔さを感じさせる色です。

白という色は見ての通り、汚れていないクリーンなイメージなので、看護師や飲食店の制服・エプロンなどによく使われています。

清潔感があり、我々日本人が好ましく思う色の代表でもあります。

明るくて爽やかな印象がある白は「始まり」を感じさせるカラーとも言われています。

社名入り封筒にも使いやすい色で、よく選ばれているカラーです。

白は空間を広く感じさせる色なので、時に無機質さを感じる場合もあります。悪く言えば、ただ真っ白なだけではあまり印象に残らない色でもあるということです。

白色の清潔感を大切にしつつ、個性のある字体や映える文字色を加えて封筒を作成すると、とても印象に残る個性的な社名入り封筒となります。

当店では以下のような白封筒・ホワイト封筒をご用意しています。

【灰色・グレー】

灰色は調和・上品さ・落ち着きなどを感じさせる色です。

穏やかで控えめなグレーは、他の色とも馴染みやすいので、自己主張の強くない調和の色とされています。

白と比較すると暗いイメージですが、その代わり落ち着きがあります。

白でもなく黒でもない灰色は、周りの人との調和を大切にする人が好む色だと言われており、ビジネスシーンでもその他の色と合わせやすいため、多くのシーンで用いられる定番のカラーです。

灰色は控えめな印象も与えるので、封筒はもちろんWEBデザインなどでも多用されています。グレーは個性が強くない分、じつは目にも優しい色なのだそうです。

灰色は人によっては暗いイメージを受ける人もいますし、平凡に感じる人もいるでしょう。

しかし、しっかりした字体を使って社名入り封筒を作ると、とても堅実なイメージの封筒に仕上がります。

当店では灰色・グレー系として以下のようなカラーをご用意しています。

【黄色・イエロー】

黄色はカジュアルで明るく、軽快で元気のある色です。

好奇心や向上心、幸せを感じさせる色でもあります。

華やかで明朗、快活、活発なイメージが強いカラーです。

暖色系の中でも黄色は一番明るいので、見るだけでも気分が上がり、元気が出ると言われています。

黄色は太陽やヒマワリなどを連想させます。

集中力を高めたり、注意を促す効果もあるので、特に目立たせたい場合にも用いられるカラーです。

日常では工事現場の注意看板や信号、踏切などでも多用されていますね。

社名入り封筒に黄色を使用すると、親しみやすく、向上心のある明るく元気な企業をイメージさせます。

当店では黄色・イエロー系として以下のようなカラーをご用意しています。

【橙色・オレンジ】

オレンジ色は、温かみのある色で、自由や深い知恵、推察力などを感じさせる色だと言われています。

見ているだけで楽しい気分にさせてくれるカラーなので、よく「ビタミンカラー」とも呼ばれています。

プレッシャーをやわらげる効果があり、優しさや解放感を与える色なので、家庭や職場など様々な場所で用いると元気が出て、やる気もアップします。

オレンジには食欲を促進させる効果もあるので、飲食店などでは特に多く使われている色のようです。

情熱的な赤と、元気のある黄色を混ぜたオレンジは、温かいイメージを強く感じるので、親しみやすく、また思いやりなど優しい気持ちを連想させます。

ポジティブさ、喜びや幸福感などを表す色なので、社名入り封筒にもピッタリです。

当店では橙色・オレンジ系として以下のようなカラーをご用意しています。

【緑色・グリーン】

グリーンは目の疲れを癒したり、興奮を鎮める作用がある優しい色です。木や森を連想させる自然のカラーでもあり、穏やかさや平和、バランス、協調、安心感などをイメージさせるカラーです。

緑色には、見る人の気持ちを落ち着かせる鎮静作用や、緊張緩和などの効果もあると言われています。

リラックス作用のあるナチュラルなグリーンは、健康や癒しを連想させ、平和や若さなども感じさせます。とても優しいイメージなので社名入り封筒にも利用しやすいカラーです。

当店では緑色・グリーン系として以下のようなカラーをご用意しています。

【青色・ブルー】

青色は涼しげで爽やかな印象を与えるカラーで、知性や冷静さをイメージさせます。とても好感度の高い色としても知られています。

清潔感はもちろん、平和や安全を意味するカラーでもあるので、信号機でも青色は安全に進める色として使われていますね。

青は空や海などの自然もイメージさせるので、航空会社や清涼飲料水、夏の涼しさをアピールするカラーとしてもよく使われています。

情熱的な赤とは正反対の作用を持つ青色は、冷静で知的なイメージを与えます。爽やかさもある色なので、企業ではイメージカラーとして利用しているところも多いようです。

大自然を連想させるブルーは、開放的で広大清潔で平和な印象を与えます。また、集中力をアップさせる色でもあるので、社名入り封筒でも需要が多く人気のあるカラーです。

当店では青色・ブルー系として以下のようなカラーをご用意しています。

【桃色・ピンク】

ピンクは女性的なイメージが強いカラーです。

印象はやわらかく、とても優しく温かい感じがします。

緊張をやわらげたり、幸せな気持ちになれるカラーであり、愛や安らぎを感じさせます。

女性や子供を連想させるので、レディースクリニックや華やかなファッション関係の仕事、美容院や保育園、子供や女性向けのイベントやショップなどで多く利用されるカラーでもあります。

優しさを主張したい時にも活躍する色です。

ピンクは感謝や思いやりなどの意味を持っているので、包装紙やリボンなどにも多用されています。

上品さと平和・幸福なイメージを兼ね備えたピンクは、介護施設などの企業や病院関係でもよく選ばれるカラーです。

当店では桃色・ピンク系として以下のようなカラーをご用意しています。

 

当店で取り扱う封筒の色については、こちらからご確認ください。

カテゴリー
お役立ち情報 豆知識

封筒の「脇付け」とは?

「脇付け」という言葉をご存知でしょうか?

現在では使われることが少なくなってきていますが、医師同士の親書や、医療機関の発行する紹介状などでは、まだまだ使われることも多いです。

この記事では、そんな封筒の脇付けについて詳しく説明していきたいと思います。

「脇付け」とは

脇付けとは、手紙の宛先に添えて敬意や注意を表すために使用する言葉のことです。

脇付けの多くは、本来の受取人に直接送付することを避け、侍史や机などに手紙を送ることで強い謙譲の意を表現しています。

<脇付けの例>

・侍史(じし)

病院で紹介状を書いてもらった時に、このような文字を見たことはありませんか?

「〇〇病院 〇〇先生 御侍史」

侍史(じし)とは、貴人に仕え、書状の管理等を専門に取り扱う役職者のことです。

直接書状を届けることが恐れ多い目上の方に対し、「お付きの方を通じてお伝えください」という意味を込めて使われる脇付けです。

本来の用法は「侍史」なのですが、丁寧さを込めて「御」の字を足し、「御侍史(おんじし または ごじし)」と書くのが医療業界の通例となりました。

なお、「待」の字を使った「御待史」は完全な誤りなのでご注意ください。

・机下(きか)

以下のような脇付けを見たことがある方もいらっしゃるでしょう。

「〇〇科 〇〇先生 御机下」

机下とは、「相手の机の下に差し出す意」の書簡文だそうです。

「机の上に置くような大切な書状ではないので、机の下にでもそっと置いておいてください。」という意味を込めて使われる脇付けです。

こちらも、丁寧さを込めて御の字を足し「御机下(ごきか または おんきか)」と書くことが医療業界の通例となっています。

なお、くれぐれも「枕」の文字を使って「御枕下」などと書かないようにご注意ください。

・尊下(そんか)

友人、同輩に対する脇付けです。

「尊下」という名前のイメージに反して、目上に対して使用すると失礼となるのでご注意ください。

・膝下(しっか)

父や母に宛てた手紙において用いる脇付けです。

他にも「玉案下(ぎょくあんか)」「足下(そっか)」、「座右(ざゆう・ざう)」「座下(ざか)」「御前(ごぜん)」「おみもとに」など、様々な脇付けがあります。

脇付け

「外脇付け」とは

外脇付けとは、手紙の内容等に関する説明や、注意を促す脇付けのことです。

請求書や領収書など、大切な書類を郵送する場合、封筒に「請求書在中」「領収書在中」など外脇付けを添え書きをしておくとダイレクトメールなどと間違われず、確実に開封してもらえるため、現在もビジネス文書を中心に、多く用いられています。

<外脇付けの例>

・親展(しんてん)

宛名の人以外の開封を禁止したい際に使用されます。

・○○在中(ざいちゅう)

「請求書在中」「領収書在中」など、内容を明記したい際に使用されます。

・至急(しきゅう)

急ぎの場合に使用されます。

・拝答(はいとう)

返信を求める場合に使用されます。

脇付け

脇付けの書き方

脇付けは、手書きの縦書きの封筒に使用するのが一般的です。

脇付けの場合は、宛名の左下(「様」の左)に書き、外脇付けの場合はさらに左下(「様」よりも下)に赤字で書きましょう。

もし宛名を横書きする場合は、脇付けも横書きで添え書きすると良いでしょう。

手書きでも良いですが、最近では文具店などで専用の印も販売されており、赤い色と青い色があるようです。どちらを使っても良いのですが、赤の方が主流であり、またしっかりと目立つためおすすめです!

あらかじめ封筒に印刷しておいても良いですよね。

当店では郵送時に便利な各種の外脇付けやマークを無料のオプションとして印刷しています。

マークを無料で印刷します

「親展」や「○○在中」、「折り曲げ厳禁」などをご用意しています。ぜひご活用ください。

 

以上、脇付けについての説明でした。

前半に挙げた脇付けについては古い表現も含まれていますが、必要に迫られて使う時がくるかもしれません。

脇付けについてきちんと理解し、使用する機会がありましたら、相手先の方に失礼の無いように正しくお使いください。

カテゴリー
お役立ち情報 お悩み解決

余った封筒・使用済み封筒の利用・処分の方法

余った封筒や使用済みの封筒をどうされていますでしょうか?

実は、余った封筒や使用済み封筒には、仕事や生活に役立つ意外な使い道がたくさんあるんです。

この記事では、そんな封筒の再利用・処分方法を、いくつか紹介していきます。

<個人名が入っていない封筒>

・封筒を裏表逆にして再利用

封筒は、のり付けされている合わせ目の部分を剥がし、中の無地の部分を表にすることで再利用することができます。

その合わせ目の部分を、再度のり付けすれば完成です。

のり付け部分を水で湿らせて剥がし、裏返す作業は大変ですが、アイロンなどを用いて上手に作り直す方もいるそうです。

封筒の合わせ目には隙間がある場合が多いので、剥がしにくい時は、ペーパーナイフを使うのも良いでしょう。

但し、お堅いビジネスシーンでは、封筒の再利用はマナー違反とされる場合が多いです。

親しい家族・友人に送る場合以外は、やめておいたほうが無難かもしれません。

・書類入れや小物入れ・ゴミ入れに

封筒は、書類入れはもちろん、ピン・輪ゴムなどの小物入れにも利用できます。

小さい封筒はレシートやチケットなどの整理に使えますし、大きな封筒はB5やA4サイズの書類の整理、保管などに使えます。

使用済み封筒の表面に紙を貼り付けて社内専用の通い袋にすると、部署間でのやりとりに活躍してとても便利です。

ご家庭でも、レシートや医療費の領収書などを入れる袋として活用すれば、家計管理や確定申告時に便利です。

当店の封筒はカラーバリエーションが豊富なため、部屋やバッグのカラーに合わせて、おしゃれに収納することができます。封筒を斜めに切って見栄えを良くするのもいいですね。

また、ちょっとしたゴミ入れとしてもおすすめです。

・切り開いてメモ用紙に

封筒をはさみで切り、メモ用紙代わりに使用するのもおすすめです。

電話口に置いてあると嬉しいですね。

・レジ袋の代わりに

パンフレットなどの郵送に使われるようなサイズの大きい封筒の場合、文具品や平べったい商品などを買った時にレジ袋やエコバッグの代わりに使うこともできますね。

紙製品は水に弱いので何を入れるか注意する必要がありますが、封筒の再利用とレジ袋の不使用というダブルの環境保護効果が考えられます。

・エチケット袋に

サイズの大きい封筒のもう一つの活用方法として、中にビニール袋を入れ、エチケット袋にするのもおすすめです。

犬を飼っている方は、散歩の際のフン入れにするのも良いでしょう。

中身が透けないので、周りに不快感を与えること無く処理できます。

・オークションサイトで出品

未使用の封筒が大量に余っている場合、オークションに出品するのも良いかもしれません。

100枚以上封筒が余っている方には、大変おすすめです。

フリーマーケットなどを利用するのも良いでしょう。

余った封筒

<個人名が入っている封筒>

宛名に個人名が入った封筒を、裏書など他の用途に使うことは個人情報保護の観点から認められません。

宛名に個人名を含む封筒は、

シュレッダーにかける

ハサミ等で切り刻む

機密保持の契約を結んだリサイクル業者に引き渡す

などの方法がベストです。

 

アイデア次第で、封筒は様々な用途に使えます。

特に大きいサイズの封筒は、一度の使用で廃棄するのはもったいないですし、封筒の再利用は環境保護の点からも良いことなので、今まではそのままゴミ箱に捨ててしまわれていた方も、何か新しい利用方法を見つけて有効活用してみてくださいね。

カテゴリー
お役立ち情報 豆知識

返信用封筒の注意点(作るとき・送るとき)

返信用封筒を作成する際の、正しいマナーをご存知でしょうか?

ここでは、返信用封筒の作成方法と注意点を紹介していきます。

自分の住所、郵便番号、氏名(会社名)を表に

相手が自分に返信するための封筒ですので、表には自分の住所、郵便番号、氏名(会社名)を書きます。

但し、氏名(会社名)の最後には「行」をつけましょう。

「行」ではなく「宛」でもマナー違反ではないのですが、一般的には「行」を使うことが多いです。

会社名の法人格は(株)(有)とは書かず、「株式会社」「有限会社」などと正式名称で書き、区切りの部分は空けましょう。(例:「株式会社 封筒印刷専門店 行」)

また、縦書きの場合は、算用数字を使うのはマナー違反ですので、漢数字を使用しましょう。(横書きの場合は漢数字、算用数字どちらでも大丈夫です。)

「様」「御中」でも大丈夫?

返信用封筒を返信するときは、「行」、または「宛」を二重線で消し、個人の場合は「様」、法人の場合は「御中」に書き換えるのがマナーですが(詳しくは「返信用封筒のマナー(返すとき)」の記事を参照)、最近ではその作業を相手にさせないよう、「様」「御中」をつけることも多くなっています。

また、自分の名前の最後には何も付けない、という方もいらっしゃいます。

でも、ビジネスシーンでは、「様」と付けたり、何も付けないのをマナー違反とする方も中にはおられ、やはり「行」を使うのが無難といえそうです。

相手が「様」「御中」と書き換えやすいよう、「行」を縦書きなら左、横書きなら下に少しずらして書くのも良いでしょう。

裏面は白紙

返信用封筒では、基本的に裏面は白紙にします。

相手に返信の手間を取らせないよう、送り先の住所を書く方もおられますが、一般的には何も書かないのがマナーとなっています。

絶対ではないので、お客様の状況によって、書くか書かないかはご判断下さい。

切手は貼っておく

「料金受取人払郵便」の封筒(返信先が郵便料金を負担)などの例外を除き、切手は同封ではなく表に貼っておきましょう。

貼り忘れるのは大変なマナー違反となりますので、ご注意下さい。

封筒を縦に使う場合は、和封筒・洋封筒ともに、封筒の左上部分(上から7cm×左から3.5cmの間)、封筒を横に使う場合は、封筒の開封口、印刷された郵便番号欄が右側にくるようにし、封筒の右上部分(縦にしたとき上から7cm×左から3.5cmの間)に切手を貼るのがマナーです。

入らない場合は折る

返信用封筒は、送る封筒の一回り小さいものにするのがおすすめ(例:長3の封筒に長4の返信用封筒を入れる)ですが、入らない場合は折っても構いません。

相手に悪い印象を与えないよう、きれいに折りましょう。

 

以上の項目を守り、返信用封筒を正しく作成して相手先にお送りくださいね。

返信用封筒はどこで買える?

返信用封筒は「返信用封筒」という名前で販売されているわけではありません。

返信用封筒とは、自分宛に届くよう、封筒に自分の名前・住所を宛名欄に書いておき、郵送に必要な切手を貼ったものをいいます。

※切手の額に指定がない場合、定形封筒に84円の切手が基本です。(内容物を含めた封筒の重量が25g以内の場合)

指定がある場合は、それに従ってください。

(たとえば定形封筒に94円切手、角2封筒に120円切手…など)

返信用に使いやすい封筒は?

返信用封筒の大きさは、やり取りするものの内容によって違いますが、あまり薄っぺらでなく、中身が透けないように適度な厚みのある封筒を選ぶと印象が良いでしょう。

当店では、返信用封筒にも使いやすい封筒をご用意しています。

一番小さいサイズでしたら長4封筒(こちら)が便利です。

長4封筒は205mm×90mmの大きさとなっており、B5サイズの 書類が三つ折りでちょうど入る封筒です。

長4封筒のサイズ・色

長4サイズの封筒には、スタンダードタイプの他に返信用封筒として喜ばれるテープのり付き封筒(こちら)もございます。

テープのり付き封筒は、あらかじめ封筒のフタ側に、テープをはがすタイプののりがついており、保護用テープをサッと剥がすだけで封緘できるため、自分でのりづけをする手間が省けて便利です。

テープ・のり付き長4封筒のサイズ・色

当店では、下記の6種類でテープのり付き封筒を作成できます。

長3封筒  235×120mm
長4封筒  205×90mm
洋長3封筒 120×235mm(長3ヨコ)
角2封筒  332×240mm
角3封筒  277×216mm
長40封筒  225×90mm

使用している封筒は、良質な国産封筒ですので、安心して ご注文ください!

カテゴリー
お役立ち情報 豆知識

返信用封筒のマナー(返すとき)

お仕事やプライベートで返信用封筒を受け取ったことがありますか?

受け取った人がすぐに返信できるよう、その封筒の表には送り先の住所・氏名が書かれている場合が多いですよね。

では、返信用封筒を返信する際の、正しいマナーをご存知でしょうか。

返信先の住所さえ記載していれば封筒が届かないということは稀ですが、マナーを守らずに返信すると、返信先の方に大変悪い印象を与えてしまいます。

特に、ビジネスにおいては、そういったマナーを重視する企業も多いです。

そんな返信先の方の失礼にならないよう、ここでは、返信用封筒を返すときの正しいマナーについてご紹介します。

「行」「宛」を二重線で消す

返信先の名前の下にある「行」「宛」を二重線で消しましょう。

縦書きなら縦線2本、横書きなら横線2本で消すのがマナーです。

その後、個人であれば「様」、法人であれば「御中」と書き直します。

また、「様」「御中」は、縦書きの場合は二重線で消した「行」や「宛」の左側に、横書きの場合は右側に書くのが一般的です。

但し、必ずそのように書くべきという訳ではないので、スペースなどによって逆側に書いても、マナー違反という訳ではありません。

場合によって判断すると良いと思います。

あとは通常の封筒と同じ

あとは通常の封筒の書き方と同じになります。

・自分の住所、名前は裏面に

裏面に自分の住所、名前(社名、部署名)を書きましょう。

たとえスペースが空いていても、表に書くのはマナー違反です。

但し、返信先が受付の処理をしやすいように、あらかじめ差出人の住所・氏名の記入欄が表面に設けられている場合は、そちらに記入しましょう。

・自社名は正式名称で

会社名は「株式会社」「有限会社」などと正式名称で書きましょう。

(株)(有)などの略称を使用するのは、マナー違反となります。

・漢数字を使う

住所などを書く際、縦書きの場合は漢数字を使用しましょう。

算用数字を使うのはマナー違反です。

横書きの場合は漢数字、算用数字どちらでも大丈夫です。

・区切りの部分の間は少し空ける

「封筒 刷男 様」「株式会社 アーツ 御中」のように、区切りの部分は少し空けるようにしましょう。

・切手の貼る位置は正しく

切手は正しい位置に封筒を貼りましょう。

封筒を縦に使う場合は、和封筒・洋封筒ともに、封筒の左上部分(上から7cm×左から3.5cmの間)に貼りましょう。

封筒を横に使う場合は、和封筒・洋封筒ともに、封筒の開封口、印刷された郵便番号欄が右側にくるようにし、封筒の右上部分(縦にしたとき上から7cm×左から3.5cmの間)に貼るのがマナーです。

また、返信用封筒が、「料金受取人払郵便」の封筒(返信先が郵便料金を負担)の場合、切手を貼る必要はありませんのでご注意下さい。

裏面下にも相手の企業名が入っていたら?

もし、返信用封筒が相手の会社の社名入り封筒で、宛名部分に相手企業の名前、裏面下にも相手の企業名が入っていたら…あなたなら、どこに自分の名前を書きますか?

通常なら上記でご説明したように、封筒の裏、下の部分に自分の名前を書きたいところです。

しかし、そこに既に相手企業の名前が入っている場合、自分の名前は封筒前面の下に書きましょう。

裏面にある相手企業の名前の上に自分の名前を書くことは、ちょっとしたマナー違反になります。かといって下にスペースがないのであれば、前面に書いて良いということです。

返信用封筒のテンプレートはありますか?

当店で取り扱う社名入り封筒は、前面下に企業名が入りますが、返信用封筒のテンプレートはご用意しておりません。
長4封筒テンプレート

但し、簡単な内容のものであれば、パソコンで仮のテンプレートを選び、ご注文の途中でレイアウト調整をすることで返信用封筒を作成していただくことができます。
詳しくは、よくいただくご質問の「返信用封筒のテンプレートはあるか知りたい」(こちら)をご確認ください。

 

マナーを守り、返信先の方に失礼の無いようにしましょう。