カテゴリー
お役立ち情報 ご注文の手引き

中身が見えない「透けない封筒」とは?

封筒の使い道は手紙や書類を入れて郵送するだけではありません。
相手に手渡す書類を保護したり、名刺代わりにそっと社名入り封筒を添えてお渡しする…などといったことは日常茶飯事です。

小銭の受け渡しやちょっとしたメモ、内容を見られたくない領収書などの書類を入れる「入れ物」としても活用されます。

内容物を他人に見られたくない場合、大抵の場合は普通の封筒で間に合うのですが、とても重要な書類を相手に郵送する場合、特に中身が他人に見られないよう気をつけたいものです。

こんな便利な封筒をご存じですか?【透けない封筒】

透けない封筒

最近では個人情報の保護が重要視されるため、封筒の中に入れた書類が絶対に透けないよう、厚みのある封筒を探される方が多いのですが、封筒が厚ければ絶対に中身が透けない…という保証はありません。

そのため、当店では個人情報保護に適した【透けない封筒】という機能を持った封筒をご用意しています。

透けない封筒

封筒の内側に特殊加工を施してありますので、99%以上の高い不透明性を実現しました

大切な情報を外に漏らさないためには、専用の封筒を利用した方がより安全であり、送る側も受け取る側も安心です。

重要書類や個人情報が記載された書類などを送る親展用としてピッタリの封筒です。

透けない封筒のサイズ

※以下の画面で、封筒の名前に下線が付いたリンクをクリックすると、それぞれのサイズの透けない封筒のデザイン一覧のページに移動することができます。

対応する封筒のサイズは、業務上よく使われる長3洋長3角2の3種類となっております。

長3封筒

透けない長3封筒のサイズ・色

235mm×120mmの封筒で、A4判の用紙が三つ折で入る、最も一般的な定番サイズです。

選べるカラーは上記の画像の全8色になります。

ご要望に合わせて、窓付き封筒、テープのり付き封筒にすることも可能です(テープのり付きの場合、カラーは「パステルホワイト」1色のみになります)。

洋長3封筒

透けない洋長3封筒のサイズ・色

120mm×235mmの封筒で、「洋0」「洋形0号封筒」ともいいます。

「洋形」とは寸法の長い方に封入口のある封筒のことで、デザインも良いのでダイレクトメールにも最適です。

選べるカラーは上記画像の全8色になります。

ご要望に合わせて、窓付き封筒にすることも可能です(カラーは「パステルホワイト」1色のみになります)。

角2封筒

透けない角2封筒のサイズ・色

332mm×240mmの封筒で、A4の用紙を折らずに入れられます。

郵便用、カタログ・パンフレット配布用、会社案内配布用と幅広くお使いいただけるサイズです。

選べるカラーは上記の画像の全8色になります。

ご要望に合わせて、テープのり付き封筒にすることも可能です(カラーは「パステルホワイト」1色のみ)。

透けない封筒の用紙

3サイズとも、用紙は「透けない封筒」と「地紋入り封筒」の2タイプをご用意しておりますので、お好きな封筒をお選びください。

地紋入り封筒

地紋入り封筒は上記の画像のように、封筒の内側に青い模様が印刷されているため、中身が透けないようになっています。

長3・洋長3・角2の郵便番号枠なしデザインでのみご指定いただけます。

お選びになる際はご注文画面の「紙色を選択してください」のところでご指定ください。地紋入り封筒の選択

※郵便番号枠は、会社名などを入力する画面の下部にある「各種オプション(無料)」の欄で「〒番号枠=追加する」とご指定いただければ印刷できます。

 

オフセット印刷(大ロット・高品質)、オンデマンド印刷(小ロット・短納期・低価格)ともに対応可能ですので、お客様に合った印刷方法が選択可能です。

お値段も大変リーズナブルとなっています。

オンデマンド印刷・長3封筒・黒色印刷の場合、
通常の定番パステルカラーの封筒は500枚で5,290円(税込5,819円)、1,000枚で8,530円(税込9,383円)ですが、
透けない封筒パステルカラーはそれぞれ5,520円(税込6,072円)、8,940円(税込9,834円)となっていて、大きな価格の違いはございません。

同じ印刷方法で、地紋入り白(ケント紙)の場合、500枚で4,830円(税込5,313円)、1,000枚で7,710円(税込8,481円)となります。

詳しくは長3封筒の価格表(こちら)をご参照ください。

※同時に複数の商品をご注文いただくと、同時注文割引により合計金額から5%引きとなって、さらにお得です。

透けない長3封筒のご注文方法

当店のサイトをパソコンでご覧いただいている場合、左のメニューの【仕様・加工から選ぶ】の「透けない封筒」をクリックして開いたメニューの中から「長3」をクリックしてください。(以下の画像はパソコン用の画面です。)

※スマートフォンにてご確認の場合は、画面右上の三本線メニュー→「デザインを選ぶ」→「封筒を仕様・加工別で選ぶ」→透けない封筒の「長3」の順にタップしてください。

左メニュー・透けない封筒

下記のように透けない封筒の長3サイズのデザイン選択画面が現れます。

透けない長3封筒ページ

長3サイズの透けない封筒のデザインには、テープのり無し(〒枠あり・〒枠無し・窓付き 〒枠無し)、テープのり付き(〒枠あり・〒枠無し)の5つのタイプがあります。

いずれかを選んだ後、1色デザイン2色デザインのいずれかをクリックします。

透けない長3封筒テンプレート選択

対応するデザインテンプレートが表示されます。ビジネスシーンに特化したデザインを豊富にご用意しておりますので、お好きなものを選んで「このデザインを選択」ボタンをクリックしてください。(以下はテープのり無し・〒枠あり・1色印刷のデザインの一部です。)

透けない長3封筒デザイン選択

次に、印刷方法や透けない封筒の色、枚数などの入力画面が現れます。それぞれ選択・入力すると金額も表示されますので、よろしければ「次に進む」を押して会社名・住所・電話番号など印刷内容の入力画面にお進みください。

透けない長3封筒の注文内容選択画面

 

格安価格で作成できる「透けない封筒」をお探しなら、ぜひ当店におまかせください!!

カテゴリー
お役立ち情報 ご注文の手引き

封筒の厚さが選べて便利・安心!

ネットでの封筒印刷は便利で簡単ですが、社名入り封筒の「厚さ」を選んでいますか?

ビジネス用に使う封筒の用途は、業種によって様々ですね。

例えば、すごく厚みの薄い安価な封筒で問題ない場合と、中身が透けてはならないため、厚みが必要な封筒が必要な場合があり、中に入れる書類や物に合わせて「封筒の厚み」を選ぶべきです。

当店なら、ご注文時に封筒の厚みが選べるので便利です。

普通の封筒は100円ショップなどでも簡単に手に入ります。

しかし安い封筒は厚みが薄く、中に入れた書類が透けて見えることがあります。

最近では個人情報保護などに厳しいため、透け透けの封筒はあまり印象の良いものではありません。

経費を少しでも抑えたい場合には、それらを上手に使い分けたり、使用する目的に合わせて封筒の厚みを選んで作成することが大切ではないでしょうか?

但し、封筒の「厚さ」、「厚み」といいましても、一般の方には理解しづらいものと思われます。

当店では封筒の厚みを「50g/㎡、70g/㎡」などと表現しています。

「g/㎡」は1平方メートルあたりの用紙の重さで、数字が大きくなるほど厚くなります。

「封筒」1枚1枚の重さではございませんのでご注意ください。

当店では50g/㎡~120g/㎡の6種類の厚さの封筒をご用意しており、お客様のお好みでお選びいただけます。

・50g/㎡
・70g/㎡
・80g/㎡
・85g/㎡
・100g/㎡
・120g/㎡

全ての封筒で、全ての厚みを選択していただけるわけではありませんが、それぞれの封筒にふさわしい厚みをご用意して おりますので、お客様のご希望に合わせてご注文画面にてご指定ください。

封筒の厚さが違うと印刷料金も変わり、中身が透けて見えるか、見えないかも違いがあります。

封筒の厚さ・書類を入れた例

当店では、少しでも低価格で封筒をご提供するため、 お客様への「サンプル」をご用意しておりません。

できるだけ画面上でしっかりご確認いただけるよう工夫して おりますので、封筒の厚さに関しましても画面上で見ていただくシステムになっております。

それぞれの厚みの封筒に文字の書かれた用紙を入れた見本を作成しており、どのくらい中身が透けるのか、透け具合を画面上で確認していただけます。
「封筒用紙の厚さ 全6種」のページ(こちら)にて画像をクリックして拡大版でご覧ください。

紙の厚さに関係なく中身が透けない「地紋入り封筒」や「透けない封筒」もご用意していますのでぜひご利用ください。

 

以下にて、いくつか見本をご紹介します。

まず、50g/㎡の封筒です。

厚さ50g/㎡

安価な分、中身が透けてしまいます。

中身の透けが気にならない場合、とにかく安い封筒をお探しの方にピッタリです。

 

こちらは70g/㎡の封筒です。

厚さ70g/㎡

一般的な封筒の厚みですが、 中身は若干透けて見えてしまいます。

価格も手頃で、一番使いやすい封筒です。

 

こちらは100g/㎡の封筒です。

厚さ100g/㎡

他のものと比べると かなりしっかりした印象を受けます。

白い色でも透けにくい封筒となっています。

(中身によっては多少透ける場合があります)

 

絶対に中身が透けてはいけない場合、特殊な加工を施した透けない封筒をおすすめします。

透けない封筒

親展用にも安心してお使いいただける99%以上の不透明性を実現した封筒です!!

 

封筒の種類によって選べる厚みが限られている場合もあります。

市場で多く販売されている用紙の厚みを基準として「薄手、厚手」など目安の一覧表をご用意していますので、ご参考になさってください。

封筒用紙の厚さ めやす表

封筒は用途に合わせて厚みもお選びくださいね。