カテゴリー
お役立ち情報 お悩み解決

封筒注文時の疑問あれこれ(その1)

社名入りオリジナル封筒を作成する際、気になることはなんですか?

どのような点に注目して依頼するお店を選びますか?

ここでは、封筒注文時によく寄せられる疑問点について「その1」として、まず5つのポイントをご紹介します。
(疑問点「その2」はこちら

1.必要な封筒の大きさ(サイズ)は?
2.どんな種類の封筒があるの?
3.オリジナルデザインの封筒も作れるの?
4.封筒の色はどんなものが良い?
5.封筒に印刷する文字の色は?

1.必要な封筒の大きさ(サイズ)は?

企業の社名が入った事務用封筒を作成する場合、まず一番に考えるのが「封筒のサイズ」です。

どのようなサイズの封筒を取り揃えたら良いか、封筒のサイズを決定する前に、まずは普段から会社で使用している書類のサイズに注目してください。

当店では多様なサイズの封筒を取り揃えています。

まず、定番中の定番封筒と言えば…こちらです。

長3封筒 235×120mm

洋長3封筒 225×90mm

角2封筒 332×240mm

長4封筒 205×90mm

会社でA4サイズの書類を多く扱っているなら、三つ折りで入れるタイプの長3封筒(縦タイプ)や、洋長3封筒(横タイプ)がおすすめです。

長3封筒

洋長3封筒

また、A4判の書類を折り曲げずに入れられる角2封筒も便利です。(マチ付きのタイプもあります)

角2封筒

会社でB5サイズの書類を多く扱っているなら、三つ折りでちょうど入る長4封筒が活躍します。

長4封筒

長4封筒とは、一般家庭でもよく使用される一般的な茶封筒のサイズです。

また、大きいサイズの書類を扱う企業にあると便利な封筒は…こちらです。

角形A3封筒 445×340mm

角1封筒 382×270mm

角形A3封筒はA3判の書類が折らずに入ります。

角形A3封筒

角1封筒はB4判の書類がそのまま入るので、用意しておくと便利です。

角1封筒

上記の封筒以外にも、少しサイズを大きくしたり小さくした調整サイズの封筒もあります。

角0封筒 382×287mm

角3封筒 277×216mm

長40封筒 235×120mm

洋4封筒 235×105mm

A4三折封筒 220×105mm

このように、普段から頻繁に使用する書類や郵便物の大きさに合わせて封筒を用意しましょう。

注文する封筒のサイズは1つ? 数種類同時に依頼する?

多くの企業では、数種類のサイズ展開で社名入り封筒を用意して使うのが一般的となっています。

社名入り封筒を注文する際、同時に2種類以上の商品をご注文いただくとお得です。

同時注文5%OFF

当店では、一度に2点以上の商品をご注文された場合、合計金額より5%のお値引きをさせていただきます!!

1点目の商品をカートに入れた後、「ご注文手続きへ進む」ボタンを押さずに、「ほかのデザインも注文する(同時注文割引適用)」のボタンを押すと、サイトのトップページに移動しますので、2点目として別の商品をお選びいただけます。

封筒の同時注文

たとえば、長3封筒と角2封筒の定番どうし、長3封筒と長4封筒のように大きい封筒と小さい封筒、角2封筒と洋長3封筒のようにタテ型封筒とヨコ型封筒などの組み合わせが人気のようです。

その他、同じサイズの封筒でも、用紙色や印刷色を変えたり、通常封筒と窓付き封筒、通常封筒とテープのり付き封筒など、自由な組み合わせでご注文いただけます。

社名入り封筒印刷は単品で注文するより複数商品の同時注文がお得です。

いずれ必要になるものなら、同時に注文して割引価格で少しでも安くご購入いただき、経費削減にお役立てください!

※割引は「ご注文画面」にて自動的に適用されます。一つのご注文を完了された直後に別の商品をご注文されても同時割引の対象とはなりませんのでご了承ください。

※納期が異なる商品を同時にご注文いただいた場合、納期が遅い商品に合わせてまとめて出荷されます。お急ぎの商品がある場合は別々にご注文ください。

2.どんな種類の封筒があるの?

当店では現代のビジネスシーンで活躍する様々な機能を満たした封筒をたくさん取り揃えています。

以下で、仕様ごとにご紹介します。

 

《透けない封筒》(個人情報保護封筒)

透けない封筒

ニュースで話題となることが多い「個人情報」を保護するための封筒です。

大切な内容が外から透けて見えないよう、99%の高い不透明性を実現した特別な加工がされている封筒です。

親展用書類や個人情報の書かれた書類を郵送する場合は、透けない封筒を用意しておくと安心です!

《テープのり付き封筒》

テープのり付き封筒

封入口に強力な粘着糊をあらかじめ付けており、テープで覆っている封筒です。

使用時はテープをサッとはがすだけで簡単に封緘作業が可能となり便利です。

大量の封緘作業も時間を短縮でき、またデスクや書類をのりで汚してしまうことがありません。
返信用封筒に使用すれば、お客様にも喜ばれますよ!

《窓付き封筒》

窓付き封筒

「窓付き封筒」とは、透明なフィルムを貼り、90×45mmサイズの窓を設けた封筒です。

封筒の中に入れる書類に記載されている相手方の住所・氏名を宛名として利用できるので、封筒の宛名書き作業やラベル貼り作業が省け、たくさん封筒を郵送する場合に活躍します。

封筒の中身と宛名を間違えるミスがなくなりますので利用すると安心です!

《マチ付き封筒》

マチ付き封筒

たくさんの配布資料を持ち運んだり、厚みのある書籍・カタログなどを入れる場合、封筒の横にマチが付いていると便利です。書類等をきれいな状態で保存できる保管袋としても活躍する封筒ですので、事務用に用意しておくと活躍します!

封入口は紐を使用して閉じることができるため、繰り返し使用することが可能です。

 

特別な仕様がない普通の封筒も使いやすく、コストが抑えられる点はありますが、当店では以上のような便利な機能がついた封筒が人気です。

ぜひ皆様のビジネスシーンでご利用ください。

「こんなことはできるのかしら?」
封筒印刷に関してご不明な点やわからないことがございましたら、お問い合わせフォームからお気軽にお尋ねください!

3.オリジナルデザインの封筒も作れるの?

当店では初めてのお客様も簡単にご注文いただけるよう、豊富なデザインをあらかじめご用意しています。

長3封筒デザイン選択

お客様は、その中からお好みのデザインを選択し、お名前や ご住所など必要なデータを入力するだけでご注文が完了となります。

会社のロゴマークなどを使用してオリジナル度を高めた封筒を作成したい場合、当店ではお客様ご自身でご利用いただける「レイアウト調整機能」をご用意しています。

使い方も簡単ですので、普段からパソコン操作をされる方であれば、短時間でお客様好みに変更したオリジナル封筒を作れますよ!

文字の位置や大きさ、ロゴマークや画像など、お客様のお好きなように封筒をデザインできます。

レイアウト調整・画像を追加

レイアウト調整機能については、「封筒印刷のレイアウトを自分で調整、ロゴ入れも簡単!」の記事(こちら)をご確認ください。

当店があらかじめご用意したデザインを基に、お客様が手を 加えてもよし。お客様ご自身で一からデザインしてもよし。

当店ではお客様がご自身で作成されたデータから封筒を印刷することも可能です。

完全データ入稿によるご注文については、こちらをご確認ください。

その他ご質問やご不明な点は、よくいただくご質問をご確認いただくか、お問い合わせフォームからご相談ください!

下の画像からも「お客様サポート」の画面に移動していただけます。

お客様サポート

4.封筒の色はどんなものが良い?

初めて社名入り封筒の印刷を注文する時、封筒の色は何色を選べば良いか、迷ってしまうかもしれません。

事務用封筒としてご利用の多い封筒カラーは、スタンダードなクラフト(茶封筒)のようです。

また、清潔感のあるホワイトカラーも人気です。

業務用に使われる社名入り封筒は、ブルー系のご注文も多くあります。

また、親しみやすくやわらかい印象の薄いイエロー系のカラー、優しいイメージのピンク系などもご利用になる企業が多いようです。

個性的な色の強い封筒よりも、やわらかく印象の優しいカラーの封筒のほうが使いやすいのかもしれません。

企業カラーが決まっている場合には、その色を使うのが一番良いでしょう。

封筒は、会社の名刺代わりでもあります。

書類などの内容物と共に、取引先やお客様のもとへ届き、一番にごあいさつするのが「封筒」なのです。

当店ではビジネス用途に特化した封筒カラーを豊富にご用意しています。

一般的な茶封筒であるクラフト封筒2種をはじめ、質の良いケント紙2種(以上、スタンダードタイプ)、カラー封筒は定番カラー全16色、特注カラー全16色、合わせて全36種類の選べる封筒をご用意しています。

選べる封筒用紙色・全36種

当店の封筒用紙カラーのページ(こちら)をご確認のうえ、お客様の会社のイメージに合わせて、お好きな封筒カラーをお選びください。

注目をひきたい場合には明るく派手目の色を用いたり、優しい印象を持ってほしいなら、ふんわりとしたパステル系の色を選んだり、「このような印象を持ってほしい…」というカラーをぜひ当店のラインナップから見つけてくださいね。

5.封筒に印刷する文字の色は?

当店ではビジネス用途に特化した印刷色を全部で15色ご用意しています。

社名入り封筒を作成する際、一番多く使われる印刷色はブラック(黒)ですが、当店は2色印刷が可能です。

それぞれの色の封筒に、何色で文字を印刷するとどのように見えるか…当店では封筒の印刷色のページ(こちら)にて各色の組み合わせの見本をご用意しています。

ぜひ画面上でご確認ください!

たとえば、印刷色「黒」の場合、右側の封筒用紙色の一覧から組み合わせを確認したい色(例・クリーム)をクリックします。

印刷色と封筒用紙色の組み合わせ

すると、「クリーム」の封筒に「黒」の印刷色で文字を印刷した場合の見本が拡大表示されます。

印刷色と封筒用紙色の組み合わせ見本

気になる組み合わせのお色がございましたら、クリックするだけで拡大画面をご覧いただけますので、お試しください。

相性の良いカラーを利用して1色印刷するのも良いですし、一部分のみ色を変えて2色で封筒を作成するのもおすすめです。

皆様のお好みでご自由に印刷色をお選びくださいませ。

封筒の用紙色と印刷色の組み合わせについては「カラー封筒とカラーインク、おすすめの組み合わせは?」の記事(こちら)もご確認ください。

 

封筒注文時によく寄せられる疑問点「その2」はこちらをご覧ください。

カテゴリー
お役立ち情報 ご注文の手引き

取り扱っている封筒のサイズ・用途を知りたい

インターネット通販で社名入り封筒印刷を注文する際、いろいろと気になることも多いのではないでしょうか?

ここでは「どんなサイズの封筒がありますか?」という疑問にお答えして、当店で扱う封筒のサイズについてご紹介させていただきます。

ビジネスでよく使うサイズの封筒を取り揃えています

封筒用紙サイズの一覧

当店ではビジネスシーンで活躍する長形封筒や角形封筒、スタイリッシュな洋形封筒まで幅広くご用意しています。

また、定番サイズの封筒から、大きいサイズの封筒、他店では取り扱いが少ない調整サイズの封筒まで取り揃えています。

当店で取り扱う封筒サイズは以下の通りです。

《長形封筒》

長3封筒 235×120mm
A4判の書類が3つ折りで入るサイズ(定形封筒)

長4封筒 205×90mm
B5判の書類が3つ折りで入るサイズ(定形封筒)

A4三折封筒 105×220mm
A4判の書類が3つ折りで入る、少し細めのサイズ(定形封筒)

長40封筒 225×90mm
A4判の書類が4つ折りで入るサイズ(定形封筒)

《角形封筒》

角形A3封筒 445×340mm
A3判の書類が折らずに入るサイズ

角0封筒 382×287mm
B4判の書類が折らずに入る、少し大きめのサイズ

角1封筒 382×270mm
B4判の書類が折らずに入るサイズ

角2封筒 332×240mm
A4判の書類が折らずに入るサイズ

角3封筒 277×216mm
B5判の書類が折らずに入るサイズ

《洋形封筒》

洋長3封筒 120×235mm
A4判の書類が3つ折りで入るヨコ形サイズ(定形封筒)

洋4封筒 105×235mm
A4判の書類が3つ折りで入る、少し細めのサイズ(定形封筒)

封筒の大きさは日本工業規格で定められています

上記でご紹介したように、たくさんの種類の封筒がありますが、その大きさは日本工業規格で決められています。

封筒は形や大きさによってそれぞれ呼び名があるのです。

形によって長形封筒や角形封筒、洋形封筒に分類され、それぞれ大きさによって数字が割り振られています。(数字が小さいほどサイズが大きな封筒となっています)

※角形封筒は縦サイズが横サイズの2倍より短い封筒で、長形封筒は縦サイズが横サイズの2倍程度ある細長い封筒です。

封筒のサイズ

日本ではA4用紙やB5用紙が書類として一般的に使用されているため、これらの用紙を入れやすいサイズの封筒が普及しています。

中でも、用紙を折り曲げて入れるサイズの長3封筒や長4封筒などは比較的安い料金で郵送できる「定形郵便物」となりますので、ビジネスシーンなどで多用されています。

A4用紙やB5用紙が折らずにそのまま入る大きい封筒は郵送時に少々料金が高くなる定形外郵便物の扱いになります。

仕事の内容に合った封筒を選びましょう

長形封筒や洋形封筒は、A4判やB5判の書類を三つ折りで 入れることができます。その他、小さめのものを入れるのに適している封筒です。
使い方は幅広く、様々なシーンで活躍します。郵便料金も安いのが特徴です。

角形封筒は大きな横幅のある封筒で、A4判やB5判の書類を折り曲げたくない場合に使うと良いでしょう。
当店ではA3判やB4判の書類にも対応する角形封筒をご用意しています。

定番サイズだけを扱う封筒屋さんは多いのですが、当店なら通常の定番封筒よりも、ほんの少し大きかったり、細めだったりする珍しいサイズの調整封筒もご用意しております。

なお、ビジネスでは中に入れる書類の大きさや厚み、量などに合わせて適切な封筒を使用することがマナーです。

たくさんの書類を小さめの封筒に押し込んでは、見た目が悪いだけでなく、大切な書類が破損したりする場合もあります。

受け取る相手に不快な印象を与えることなく、スマートにビジネス書類の受け渡しをしましょう。

また、封筒は、郵送だけでなく書類の保管や持ち運び時の保護袋としても活躍します。

皆様のお仕事内容にふさわしいサイズの封筒をぜひ当店で見つけてください!

カテゴリー
お役立ち情報 お悩み解決

どんなサイズの封筒が便利?ビジネスシーンでよく使う封筒はコレ!

ビジネスシーンでは、書類の受け渡しなどによく使われる封筒。会社やお店のロゴやアドレスが入った“マイ封筒”を印刷して常備している方も多いのではないでしょうか。
でも、いざ「わが社の専用封筒を作成しよう!」と思っても、「いったいどんなサイズの封筒があればいいの?」と悩んでしまう方も多いはず。
そこで、一般的に利用される封筒のサイズについてご紹介します。

●業務に必須なサイズは? 一般的な封筒サイズはこの3つ!

ビジネスシーンで最も使われている封筒サイズは、長3封筒長4封筒角2封筒です。

封筒のサイズなぜ、この3種類なのでしょうか? それは、ビジネス文書に利用されることの多い用紙サイズに関係しています。

ビジネスで頻繁に使われる用紙サイズの代表格といえば、A4判(210mm×297mm)です。これは、世界各国で使われている国際規格のサイズです。
次いで使われることの多いのが、B5判(182mm×257mm)。これは江戸時代に広く流通していた美濃和紙の大きさを基準に作られた日本独自のサイズなんだとか。

このA4判とB5判の2種類は、その大きさの用紙が契約書や会議資料などの書類に使われるだけでなく、ノートやファイルなど、この大きさに基づいたオフィス用品も多いサイズです。
そのため、業務で使う封筒のサイズは、A4判とB5判の大きさのものが入れられると便利、ということになります。

つまり、長3、長4、角2の3種類は、A4判とB5判に対応している封筒、というわけなのです。

●長3、長4、角2ってどんなサイズ?

では、長3封筒、長4封筒、角2封筒が、それぞれどのような封筒なのか見てみましょう。

長3封筒(読み方:ながさん)

A4判の用紙が三つ折りで入るサイズ。84円切手で送れる最大のサイズでもあります。書類を入れたとき、天地・左右に適度なゆとりがあるので、数枚重ねて厚みがあっても出し入れしやすく、ハサミで封を開けるときに誤って書類まで切ってしまう心配が少ないのも好まれるポイントです。

長4封筒(読み方:ながよん)

B5判の用紙を三つ折りで入れられます。手書きの伝票のような小さめの書類を入れたり、長3封筒に同封する返信用封筒に使ったりするのに便利なサイズです。

角2封筒(読み方:かくに)

A4判の書類を折らずに入れられるサイズ。履歴書や契約書などの折り曲げたくない書類や、厚みがあって折ることができないパンフレットなどに使われることが多い封筒です。書類の持ち運びや一時保管用としても便利です。
どれも、A4判とB5判の用紙の出し入れがしやすく、使い勝手が良いサイズの封筒であることが分かります。ビジネスシーンで好んで使われるのも頷けますね。

●用途に合わせ、さまざまなサイズの封筒が作られています

さて、ここまで一般的なサイズの封筒をご紹介しましたが、この他にも、さまざまな種類の封筒があります。
A4判の用紙に対応した封筒に限ってみても、用途に合わせて下記のような封筒が作られています。

☆窓付き封筒にするなら→A4三折封筒

三つ折りにしたA4判の用紙に対応しています。長3封筒に比べて天地・左右に余裕が少なく、中で書類が動きにくいので、窓付き封筒にしたときにズレにくいのが利点です。

☆四つ折りにして入れるなら→長40封筒

A4判の用紙を四つ折りにして入れられる、細長い形がスマートな印象の封筒です。長4封筒と同じ幅なので、三つ折りにしたB5判も入れることができます。

☆横向きに入れるなら→洋長3封筒

長3封筒と同じ形ですが、封入口が長い辺にあり、三つ折りにしたA4判用紙を横向きに入れられる封筒です。

このほかにもさまざまな形・サイズの封筒がありますから、封筒印刷を検討するときにはまず、「何を入れるのか」「どのようなシーンで使うのか」など、用途をよく検討しておくのが良さそうです。ご自身のニーズにぴったりの封筒を見つけて、オフィスの業務を効率よく進めてくださいね!

●長3は長形3号、角2は角形2号。“長形”、“角形”とは?

ところで、封筒のサイズを表す「長3」や「角2」という名称ですが、実はこれらは略称で、正式には「長形3号」、「角形2号」といいます。

JIS(日本工業規格)では封筒の規格を「長形・角形・洋形」の3タイプで表示しています。(その他にも窓枠の有無や用途などで規定が設けられています。)

「長形」、「角形」というのは、文字通り、封筒の“形”がどのようなものであるかを表しています。それぞれについて見てみましょう。

☆長形

“ちょうけい”ではなく、“なががた”と読みます。縦の長さが横の長さの2倍程度のあるもののことで、細長い形の封筒になります。紙を折ってコンパクトに封入するのに適した形です。

☆角形

読み方は“かくがた”。縦の長さが横の長さの2倍より短いもののことをいいます。正方形に近い形をしているのが特徴で、紙を折らずに入れるのに向いている封筒です。

封筒のサイズ

形を指す言葉には、他に「洋形」もあります。

☆洋形

読み方は“ようがた”です。「ようけい」と読む人も多いようです。もともとは海外で使用されていた横向きの封筒のこと。封入口が長形では短い辺についているのに対し、洋形では長い辺についています。見栄えが良いので、案内状やダイレクトメールの送付に好まれる封筒です。

当店で扱う「洋長3封筒」は、JISに基づいた呼び方ではなく、封筒製造業者によるサイズ呼称となっています。(このようにサイズ呼称で呼ばれる封筒も数多くあります。)

洋長3封筒のサイズは120×235mmです。「洋形」で表すと、実は「洋形0号封筒」のことなのです。

同様に、「長」や「角」の後に続く数字は「2号」、「3号」という大きさを示す号数になっています。長形の封筒であれば、大きい順に長1、長2、長3、長4となります。

「長形4号」と「長型4号」は同じ封筒です

長形の封筒は時々「長型封筒」とも呼ばれています。

以前、お客様から「長型4号封筒を用意するよう言われたのですが、長型4号と長形4号は同じものですか?」とご質問いただいたことがあります。

当店で取り扱っている「長4封筒」と「長形4号」、「長型4号」は同じ封筒です。

人によって、または企業によって、言い方や書き方、表示が 違う場合があるのですが、これらは全て同じものです。

紛らわしいため、封筒にあまり詳しくないお客様から見ると 「違うものかな?」と思われてしまうようです。

●84円切手で郵送できる封筒はどれ? 定形郵便・定形外郵便とは?

封筒のサイズは、郵便料金にも深く関わってきます。的確なサイズの封筒を使うことは、通信費の削減にもなるので注意したいところです。

郵便物には「定形郵便物」と「定形外郵便物」の2種類があり、84円切手を貼ってお安く送るためには、このうちの定形郵便物でなければなりません。
定形郵便は、長さ14~23.5cm、幅9~12cm、厚さ1cm以内と定められており、重さが25gまでであれば84円、50g以内であれば94円で送ることができます。

それぞれに該当する封筒サイズを一覧にしたものが下記の表です。封筒のサイズ・定形郵便・定形外郵便

※ここでは、定形外郵便物のうち、規格外のサイズ(重量が1kgを超える)を省略しています。

定形郵便の最大サイズである長3封筒をはじめ、長形封筒のほとんどは定形郵便で送付可能であることが分かります。
ちなみに、長3封筒を84円で送付する場合、封筒や中の用紙に使われている紙の種類によっても異なりますが、A4判の用紙を4枚程度入れることができます。

なお、角2封筒をはじめとする角形封筒のほとんどは定形外郵便となり、重さによって料金が細分化されていますのでご注意くださいね。

※定形・定形外の郵便物の料金などについては、「定形封筒と定形外封筒の違い・サイズ・料金」の記事(こちら)も合わせてご確認ください。

●まとめ

この記事のポイントを今一度おさらいすると・・・

・ビジネスシーンでよく使われるサイズは、長3封筒、長4封筒、角2封筒

・A4判とB5判の用紙を入れやすい封筒が便利

・サイズによって郵便料金が変わるので要チェック

中に入れる書類の大きさや量などに適切なサイズの封筒を選ぶと、見た目にもスマートです。用途を意識したサイズ選びを心がけて、使い勝手の良い専用封筒を作成してくださいね!