カテゴリー
お役立ち情報 お悩み解決

会社名入り封筒を作る時、どんな色を選んだら良いの?

会社で使用する封筒(社名入り封筒・社用封筒)を作成する際、どのようなカラーの封筒を選んだら良いかわからない… とお悩みのお客様へ・・・。

実際に社用封筒を作る場合、どのような封筒の色を選んだら良いか、少し一緒に考えてみませんか?

封筒は「会社の顔」としての役割を果たします

私達は業務で初めてお会いした方へ名刺を渡しますね。

封筒は、私達が直接お客様とお会いできない場合、会社・企業の名刺代わりを果たします。

封筒は会社の顔の役目を果たします

封筒が会社の第一印象を決める場合もあります。

封筒には会社名が書かれており、お客様の手に渡った時、文字で皆様にご挨拶をするものだと考えてはいかがでしょうか?

「はじめまして、○○会社です」

「こんにちは、○○会社です」

「お久しぶりですね、○○会社です」

「再度ご利用いただきましてありがとうございます!」

「お待たせいたしました、例の書類をお届けいたします!」

封筒に記載されている会社名は、封筒を開封する相手の方へ文字でご挨拶をします。

そのため、社名入り封筒はできるだけ印象の良いもの、または企業カラーを表すものを作成したいものです。

アピールしたいカラー、会社の理念にピッタリな色、「当社はこんなイメージの会社です!」という色をぜひお探しください。

ビジネスシーンでのカラー効果とは?

色というものは目に入るだけでもいろいろな効果があるようです。

カラーの効果

私達が日常の中で目にする色は約1万色以上といわれており、知らないうちに潜在意識や気分を左右することもある「カラー」はぜひ上手に活用したいものです。

例えば、赤という色は色彩心理学で「販売色カラー」といわれており、売上に影響を及ぼす色としてビジネスシーンで重宝されています。

人との距離感を縮めるのに適したカラーは黄色で、対人関係を円滑に導くコミュニケーションカラーといわれているのです。

緑色は皆さんご存じのように心身を癒すリラックスカラーとされており、穏やかさや安定を意味する色としてよく知られています。

このようにそれぞれの色には印象や特徴があります。

真っ白な封筒は清潔感があり、とてもさわやかな印象を受けますが、人によっては緊張感を与えたり、身構えてしまうこともあるようです。

初めて出会う方に自然と馴染んで欲しい…

そんな時は真っ白ではなくベージュなど、少し優しい色合いを選ぶと良いかもしれません。

カラーの効果

封筒でも同じです。

当店では優しいカラーから個性的なカラーまで、幅広い色の種類をご用意しています。

当店がご用意している封筒カラーは36種類!

当店では全36色もの豊富な封筒カラーをご用意しています。

定番のクラフト封筒(茶封筒)をはじめ、フォーマルなイメージのホワイト封筒(白・ケント紙)、業務用に使いやすいカラークラフトなど、いずれもビジネス用途に特化したカラーを厳選しており、社用封筒に適したものばかりです。

スタンダードカラー

皆さんよくご存じの一般的な茶封筒と白封筒で、以下の4種類をご用意しています。

・クラフト封筒(茶封筒)
・クラフト封筒(茶封筒)FSC森林認証マーク付き
・白封筒(ケント紙)
・白封筒(ケント紙)FSC森林認証マーク付き

カラー封筒 定番カラー

社名入り封筒で好まれる定番の色で、以下の16種類をご用意しています。

【カラークラフト】

・スカイ・グレー・クリーム・ミズイロ・ウグイス

【パステルカラー】

・パステルホワイト・パステルスカイ・パステルグレー・パステルクリーム・パステルピンク
・パステルサクラ・パステルアクア・パステルブルー・パステルウグイス・パステルグリーン
・パステルオレンジ

カラー封筒 特注カラー

パッと見て目立つ、少し個性的な色で、以下の16種類をご用意しています。

【カラークラフト】

・ソライロ・ブルー・エメラルド・グリーン・レモン・
・イエロー・オレンジ・シルバー

【パステルカラー】

・パステルウスクリーム・パステルベージュ・パステルメタル・パステルフジ・パステルアビス
・パステルサーモン

【金刷り対応カラー】
金色印刷に対応した封筒カラーで、角2・長3・洋長3の3サイズをご用意しています。

・赤・黒

金刷り印刷の詳細・ご注文方法はこちらからご確認ください。

当店では、以上のように定番といわれるカラーはもちろん、ちょっと個性的な色や落ち着いた雰囲気の色など、お客様からご要望の高かったものを厳選してご用意しています。

きっと皆様の会社のイメージにピッタリな色も見つかるはずです!

以下では、それぞれの封筒カラーが与えるイメージや活用のヒントをご紹介します。

封筒カラーのイメージ「クラフト」

クラフト封筒(茶封筒)で社用封筒を作成した場合、お客様が感じる印象はどのようなものでしょうか?

クラフト封筒は漂白していないのでナチュラルな印象を受けます。利用している企業も多いので、業務の中に自然と溶け込むカラーでもあります。

良く言えば自然で、一般的な封筒。万人受けする封筒。悪く言えば個性のない封筒…ともいえます。

しかし、お客様の中には見慣れたカラーの茶封筒に安心感を覚える方も多いのです。

価格も安いですし、業務で大量に使用する社名入り封筒として、クラフト封筒は最適です。

受け取る側も、使用する側も、定番だと感じるのは他のカラー封筒よりもクラフト封筒がナンバー1ではないでしょうか?

行政などもクラフト封筒(茶封筒)を利用している場合が多いので、茶封筒も「重要な封筒」と感じる方が多いようです。

封筒カラーのイメージ「ホワイト」

ホワイト封筒(白・ケント紙)で社用封筒を作成した場合、お客様が感じる印象はどのようなものでしょうか?

ホワイト封筒の第一印象は…
・清潔感がある
・信頼感がある
・さわやか
・誠実さや堅実さを感じる
・高級感がある
・真面目な感じ
・重要性を感じさせる

真っ白な封筒は、上記のような印象が強いのではないでしょうか?

色(カラー)による余計なイメージがなく、とても使いやすい白封筒は、どのようなシーンでも問題なく使用できます。

フォーマルな印象も強いので、大切な文書を送付する際も間違いありません。
(例えば履歴書などを持参・郵送する場合にも多くは白封筒を利用するのと同じです。)

白い封筒には文字や会社のロゴマークも映えます。

信頼感のある色なので企業間でのやり取りに使う業務用封筒にふさわしく、病院や会計事務所など、清潔さや信用を大切にする企業にもピッタリなカラーです。

※小児科などお子さんを対象とする病院などでは、少し色みの優しいパステルカラー封筒もおすすめですよ!!

ホワイト封筒(白・ケント紙)は、どんな業種・お客様にも対応できる万能な封筒カラーです。

封筒カラーのイメージ「明るいパステルカラー」

明るいパステルカラーで社用封筒を作成した場合、お客様が感じる印象はどのようなものでしょうか?

まず、パステルカラーとは、原色(赤・青・黄・緑等)のようにハッキリした色合いではなく、中間色でふんわりと優しい色の種類をいいます。

特にそれぞれの色に白が加えられた淡い色彩で、桜色や藤色が例として挙げられます。

パステルカラーのように優しい色合いは心の緊張をほぐしたり、優しい気持ちにさせるなど様々な効果があるようです。

疲れている時にパステルカラーの寝具で眠ると筋肉を弛緩させてリラックスできるといいます。

パステルカラー

明るいパステルカラーは、とても優しい印象を受けます。

業務でどのような方を対象にされているか…

例えば小さなお子さん向けの業務や女性を対象とするお仕事の場合、パステルカラーは特におすすめです。

封筒のイメージ「落ち着いたトーンのカラー封筒」

落ち着いたトーンのカラー封筒で社名入り封筒を作成した場合、お客様が感じる印象はどのようなものでしょうか?

封筒の悩み事

例えばグレー系やブルー系の封筒であれば信用や誠実さを与えつつ、しっかり落ち着いた印象を与えます。真っ白な封筒と比べるとトーンダウンした分、どっしりと構えている印象が強くなります。

色みが暗めなグレー系の封筒も個性があるので、お客様の印象に残りやすい場合があります。社名入り封筒の色は、個性が強いほど受け取ったお客様がカラーで覚えてくれることが多いようです。

落ち着いたトーンのカラーにはピンク系やベージュ系もあります。

伝統のある和菓子店や専門店、老舗店舗、ご老人を対象にしたケアセンターなど、業務の内容や対象者に合わせて落ち着いたカラーを選ぶのも良いかと思われます。

落ち着いたトーンのカラー封筒は、その言葉の通り、優しさや落ち着き、個性などが感じられます。派手なインパクトはありませんが、そのぶん安心して受け取れるカラーでもあります。

他にもあります!さまざまなカラーの効果

その1《イエロー・オレンジ》

誰かの心を開いて、心理的に距離を縮めたいなら…イエローがおすすめです。

イエロー封筒

この色は営業マンにも向いているカラーといわれており、上手に活用すれば初対面の人でも簡単にコミュニケーションがとれるのです。

名刺代わりでもある封筒にイエローを使用すると様々な良い効果があると思われます。

また、オレンジには明るさや安定感を与える効果があります。

オレンジ封筒

食欲をわかせる色でもあることから、飲食関係の企業が封筒カラーに選ぶと効果的かもしれませんね。

家庭的で温かく優しいイメージがあり、人間関係の絆を深めるカラーでもあるので、お得意さんに届ける封筒にいかがでしょうか?

その2《ソライロ・ブルー》

水色系のソライロは、とても優しい印象を与えます。

ソライロ封筒

水色を好む人は誰かに対して気配りや思いやりをしっかり持てる人だといわれています。同時に信頼や人望を集める色の効果もあるので、他人に対するサポートや支援活動に向いている色のようです。

封筒で使用するなら、例えば医療系、福祉系などにピッタリです。

理性的・冷静さを感じさせるブルーは、文字や数字を正確に確認するような書類に使用すると良いかもしれません。

ブルー封筒

誠実さや真面目さをアピールする色であると同時に、リラックス効果もあり、集中力も高めます。

知的な印象を与えたい場合にも効果的なカラーです。

その3《グリーン・パステルサーモン》

人は精神的な充実を求める時、知らないうちにグリーンを好むそうです。

グリーン封筒

安心感や信頼を得たい時にピッタリなカラーですので、社用封筒にも大変活躍します。柔らかい色合いは親しみやすく、また使いやすい色でもあるので幅広く活躍します。

誰かを説得したい時、心身ともにリラックスして話を聞いてもらいたい時など、活躍するカラーです。

イライラや緊張感もほぐす効果があるそうです。

ピンク系の色は「思いやりカラー」と呼ばれることもあるそうで、気配りが自然にできて、誰かに対する愛情をとても大切にする人が好む色だといわれています。

パステルサーモン封筒

パステルサーモンは落ち着きのある優しい色合いで、受け取る人のこころを和ませます。

 

以上、様々な色のイメージを紹介させていただきました。

カラー封筒はとても強く印象に残ります。

例えば、イエローの用紙で社名入り封筒を作成すると、イエローのカラーを見るだけで「あっ、○○会社の封筒かな?」と、長いお付き合いのお客様にはすぐにわかってもらえるようになるでしょう。

クラフトやホワイトの封筒を使用している企業は多いので、他社に差をつけたい場合には、会社のイメージに合うカラーを選んで封筒を作成すると良いですね。

当店は豊富な封筒カラーに加えて全15種類の印刷色をご用意しております。それぞれを組み合わせることで他にないオリジナルの社名入り事務用封筒を作成することが可能です。

「カラー封筒とカラーインク、おすすめの組み合わせは?」の記事(こちら)も合わせてご確認ください。

当店のラインナップなら、皆様のイメージにピッタリな封筒カラーが必ず見つかると自負しております。

ぜひ、社名入り封筒は当店にお申し付けください!!

格安価格で作成のお手伝いをいたします。

カテゴリー
お役立ち情報 ご注文の手引き

カラー封筒とカラーインク、おすすめの組み合わせは?

当店では、様々な封筒の色、印刷色をお取り扱いしています。

お礼状など、お堅い場面で封筒を使う場合は、白封筒に黒文字など、シンプルなものが適切ですが、ダイレクトメールや招待状などの場合は、相手の目を引くような色合いにしたいものです。

ここでは、封筒の色ごとにおすすめな印刷色、おすすめでない印刷色をご紹介します。

当店の封筒の色と印刷色

当店の封筒の色の種類は、封筒のサイズによって異なりますが、長3封筒の場合は全36種類からお選び頂けます。

選べる封筒用紙色・全36種

茶封筒・白封筒はもちろん、はっきりとした印象の「カラークラフト」、やわらかな印象の「パステルカラー」をご用意しています。

お客様のイメージに合ったカラーをお選びください。(詳しくはこちらの封筒用紙カラーのページを参照)

印刷色は、オフセット印刷の場合、
黒・グレー・ダークグレー・緑・深緑・青・紺・濃紺・茶・赤・金赤・ピンク・オレンジ・アズキ・エンジの全15色からお選びいただけます。

オフセット印刷の印刷色

オンデマンド印刷の場合は、
黒・グレー・緑・青・紺・茶・赤・深緑・金の全9色からお選びいただけます。

オンデマンド印刷の印刷色

色の組み合わせの基本

文字色は、背景の色と似ていない色にするのが基本です。

2色のコントラストが無いと、文字が読みにくいためです。

また、基本的には、薄い色のものには濃い色、濃い色のものには薄い色のものを選ぶのが良いとされています。

薄い色と薄い色の組み合わせでも、穏やかで女性的な印象になることがあります。逆に、濃い色どうしを組み合わせれば、派手で現代的な印象になる場合もあり、大変奥が深いですね。

おすすめの組み合わせは?

下の画像は、当店の封筒色と印刷色の組み合わせの適合表になります。

「◎」はおすすめの組み合わせ、
「○」は問題のない組み合わせ、
「△」は効果・視認性の点で注意が必要な組み合わせ、
「×」はおすすめできない組み合わせ、となっています。

カラフルな封筒をお選びになる場合は黒の印刷色、印刷色をカラフルにしたい場合は白い封筒が無難といえそうです。

封筒の印刷色組合せ適合表
印刷色組合せ適合表

また、封筒の印刷色(こちら)のページでは、お好みの封筒の色と印刷色を選び、画像をクリックするだけで、実際に封筒に印刷された文字色のサンプル画像を表示することができます。

封筒印刷色見本(レモン封筒に黒色印刷)

ご注文前に、一度お試しになることをおすすめします。

色の組み合わせに正解はありません。

お客様や、お客様の会社のイメージに合った、色をお選びください。

2色印刷

当店ではインクの色を1種類だけ使った1色印刷の他に2色印刷も可能です。

オフセット印刷なら全15色、オンデマンド印刷の場合は黒・青・紺・赤の4色(長3・角2のみ対応)が対応しています。

2色印刷の場合、レイアウト調整機能を使えば部分的に好きな場所の文字の色を変更できます。

封筒の2色印刷の文字色の変更

 

以下では、カラー封筒とカラーインクを組み合わせて社名入り封筒を作成した場合、どのようなイメージになるのか、例をご紹介します。

組み合わせ例・グリーン系

グリーン系の封筒で例を作ってみましょう。

長3封筒の2色印刷用デザインを選択して…

長3封筒・テープのり付きテンプレート選択

オフセット印刷を選択。

オフセット印刷の選択

封筒カラーは定番カラー封筒の「パステルウグイス」を選択。

グリーン系封筒の選択

印刷の色は1色目に「深緑」、2色目に「」を選択しました。

グリーン系封筒の印刷色の選択

これらの色を選択して、必要事項を入力すると・・・

こんな感じで、社名入り封筒ができあがりました。

グリーン系封筒の印刷プレビュー

いかがでしょうか?

同系色の色で合わせると、スタイリッシュな感じで仕上がります。

組み合わせ例・ピンク系

優しい印象のピンク系の封筒で例を作ってみました。

長3封筒の2色印刷用デザインを選択して…

長3封筒・テープのり無しテンプレート選択

オフセット印刷を選択。

オフセット印刷の選択

封筒カラーは定番カラー封筒の「パステルピンク」を選択。

ピンク系封筒の選択

印刷の色は「エンジ」と「オレンジ」を選択しました。

ピンク系封筒の印刷色の選択

こんな感じで、社名入り封筒ができあがりました。

ピンク系封筒の印刷プレビュー1

いかがでしょうか?

ちなみに、封筒の色をもっと薄い「パステルサクラ」に変えると…

ピンク系封筒の印刷プレビュー2

こうなります。可愛いですね!!

さらに、文字を黒1色で印刷した時の雰囲気は、このようになります。

ピンク系封筒の印刷プレビュー3

かなり印象が違います。

ピンク系にエンジ色で文字を印刷すると…

ちょっと女性的なかわいい印象の封筒になりました。

温かいイメージもありますね。

黒文字よりも親しみやすい印象を受けました。

組み合わせ例・クラフト

ご利用の多いクラフト封筒で例を作ってみました。

長3封筒の2色印刷用デザインを選択して…

長3封筒・テープのり付きテンプレート選択

オフセット印刷を選択。

オフセット印刷の選択

封筒カラーは「クラフト」を選択。

クラフト封筒の選択

印刷の色は「茶色」と「アズキ」を選択しました。

クラフト封筒の印刷色の選択

こんな感じで、社名入り封筒ができあがりました。

クラフト封筒の印刷プレビュー1

いかがでしょうか?

少し柔らかい印象の封筒ができました。

ちなみに黒とグレーのインクを使うと、こんな感じです。

クラフト封筒の印刷プレビュー2

黒1色よりもかたくない印象ですが、茶色の文字よりもしっかり・ハッキリ見えます。

組み合わせ例・白封筒

ご利用の多い白封筒で例を作ってみました。

長3封筒の2色印刷用デザインを選択して…

長3封筒・テープのり付きテンプレート選択

オフセット印刷を選択。

オフセット印刷の選択

封筒カラーは「白封筒」を選択。

白封筒の選択

印刷の色は「濃紺」と「」を選択しました。

白封筒の印刷色の選択

こんな感じで、社名入り封筒ができあがりました。

白封筒の印刷プレビュー1

いかがでしょうか?

爽やかさのある、少し柔らかい印象の封筒ができました。

ちなみに黒とグレーのインクを使うと、こんな感じです。

白封筒の印刷プレビュー2

濃紺や青の文字よりもしっかり・ハッキリ、少しかたく見えます。

組み合わせ例・クリーム系

ここでは定番カラーの「パステルクリーム」で例を作ってみました。

長3封筒の2色印刷用デザインを選択して…

長3封筒・テープのり付きテンプレート選択

オフセット印刷を選択。

オフセット印刷の選択

封筒カラーは「パステルクリーム」を選択。

クリーム系封筒の選択

印刷の色は「深緑」と「」を選択しました。

クリーム系封筒の印刷色の選択

こんな感じで、社名入り封筒ができあがりました。

クリーム系封筒の印刷プレビュー1

いかがでしょうか?

爽やかさのある、少し柔らかい印象の封筒ができました。

ちなみにオレンジと赤のインクを使うと、こんな感じです。

クリーム系封筒の印刷プレビュー2

グリーン系の文字よりもさらにやわらかい印象です。

黒1色で印刷すると、こんな感じです。

クリーム系封筒の印刷プレビュー3

組み合わせ例・ブルー系

ここでは、定番カラーの「パステルスカイ」で例を作ってみました。

長3封筒の2色印刷用デザインを選択して…

長3封筒・テープのり付きテンプレート選択

オフセット印刷を選択。

オフセット印刷の選択

封筒カラーは「パステルスカイ」を選択。

ブルー系封筒の選択

印刷の色は「」と「濃紺」を選択しました。

ブルー系封筒の印刷色の選択

こんな感じで、社名入り封筒ができあがりました。

ブルー系封筒の印刷プレビュー1

いかがでしょうか?

封筒の色に合わせたカラーで文字を印刷すると…

全体的にまとまりがある、柔らかい印象の封筒になります。

ちなみに文字の色を紺と青に変えると…こんな感じです。

ブルー系封筒の印刷プレビュー2

少し変えるだけで印象が変わってくるので、いろいろと文字の色を変えながら調節してみることをおすすめします。

参考までに、黒1色で印刷すると、こんな感じです。

ブルー系封筒の印刷プレビュー3

組み合わせ例・オレンジ系

ここでは定番カラーの「パステルオレンジ」で例を作ってみます。

長3封筒の2色印刷用デザインを選択して…

長3封筒・テープのり無しテンプレート選択

オフセット印刷を選択。

オフセット印刷の選択

封筒カラーは「パステルオレンジ」を選択。

オレンジ系封筒の選択

印刷の色は「エンジ」と「」を選択しました。

オレンジ系封筒の印刷色の選択

こんな感じで、社名入り封筒ができあがりました。いかがでしょうか?

オレンジ系封筒の印刷プレビュー1

ちなみに文字の色を茶色とオレンジに変えると…こんな感じです。

オレンジ系封筒の印刷プレビュー2

参考までに、黒1色で印刷すると、こんな感じです。

オレンジ系封筒の印刷プレビュー3

 

カラーインクを使った時の印象はいかがでしたか?

お好みで封筒色と印刷色を組み合わせて、お客様オリジナルの社名入り封筒を完成させてください!

カテゴリー
お役立ち情報 お悩み解決

封筒注文時の疑問あれこれ(その1)

社名入りオリジナル封筒を作成する際、気になることはなんですか?

どのような点に注目して依頼するお店を選びますか?

ここでは、封筒注文時によく寄せられる疑問点について「その1」として、まず5つのポイントをご紹介します。
(疑問点「その2」はこちら

1.必要な封筒の大きさ(サイズ)は?
2.どんな種類の封筒があるの?
3.オリジナルデザインの封筒も作れるの?
4.封筒の色はどんなものが良い?
5.封筒に印刷する文字の色は?

1.必要な封筒の大きさ(サイズ)は?

企業の社名が入った事務用封筒を作成する場合、まず一番に考えるのが「封筒のサイズ」です。

どのようなサイズの封筒を取り揃えたら良いか、封筒のサイズを決定する前に、まずは普段から会社で使用している書類のサイズに注目してください。

当店では多様なサイズの封筒を取り揃えています。

まず、定番中の定番封筒と言えば…こちらです。

長3封筒 235×120mm

洋長3封筒 225×90mm

角2封筒 332×240mm

長4封筒 205×90mm

会社でA4サイズの書類を多く扱っているなら、三つ折りで入れるタイプの長3封筒(縦タイプ)や、洋長3封筒(横タイプ)がおすすめです。

長3封筒

洋長3封筒

また、A4判の書類を折り曲げずに入れられる角2封筒も便利です。(マチ付きのタイプもあります)

角2封筒

会社でB5サイズの書類を多く扱っているなら、三つ折りでちょうど入る長4封筒が活躍します。

長4封筒

長4封筒とは、一般家庭でもよく使用される一般的な茶封筒のサイズです。

また、大きいサイズの書類を扱う企業にあると便利な封筒は…こちらです。

角形A3封筒 445×340mm

角1封筒 382×270mm

角形A3封筒はA3判の書類が折らずに入ります。

角形A3封筒

角1封筒はB4判の書類がそのまま入るので、用意しておくと便利です。

角1封筒

上記の封筒以外にも、少しサイズを大きくしたり小さくした調整サイズの封筒もあります。

角0封筒 382×287mm

角3封筒 277×216mm

長40封筒 235×120mm

洋4封筒 235×105mm

A4三折封筒 220×105mm

このように、普段から頻繁に使用する書類や郵便物の大きさに合わせて封筒を用意しましょう。

注文する封筒のサイズは1つ? 数種類同時に依頼する?

多くの企業では、数種類のサイズ展開で社名入り封筒を用意して使うのが一般的となっています。

社名入り封筒を注文する際、同時に2種類以上の商品をご注文いただくとお得です。

同時注文5%OFF

当店では、一度に2点以上の商品をご注文された場合、合計金額より5%のお値引きをさせていただきます!!

1点目の商品をカートに入れた後、「ご注文手続きへ進む」ボタンを押さずに、「ほかのデザインも注文する(同時注文割引適用)」のボタンを押すと、サイトのトップページに移動しますので、2点目として別の商品をお選びいただけます。

封筒の同時注文

たとえば、長3封筒と角2封筒の定番どうし、長3封筒と長4封筒のように大きい封筒と小さい封筒、角2封筒と洋長3封筒のようにタテ型封筒とヨコ型封筒などの組み合わせが人気のようです。

その他、同じサイズの封筒でも、用紙色や印刷色を変えたり、通常封筒と窓付き封筒、通常封筒とテープのり付き封筒など、自由な組み合わせでご注文いただけます。

社名入り封筒印刷は単品で注文するより複数商品の同時注文がお得です。

いずれ必要になるものなら、同時に注文して割引価格で少しでも安くご購入いただき、経費削減にお役立てください!

※割引は「ご注文画面」にて自動的に適用されます。一つのご注文を完了された直後に別の商品をご注文されても同時割引の対象とはなりませんのでご了承ください。

※納期が異なる商品を同時にご注文いただいた場合、納期が遅い商品に合わせてまとめて出荷されます。お急ぎの商品がある場合は別々にご注文ください。

2.どんな種類の封筒があるの?

当店では現代のビジネスシーンで活躍する様々な機能を満たした封筒をたくさん取り揃えています。

以下で、仕様ごとにご紹介します。

 

《透けない封筒》(個人情報保護封筒)

透けない封筒

ニュースで話題となることが多い「個人情報」を保護するための封筒です。

大切な内容が外から透けて見えないよう、99%の高い不透明性を実現した特別な加工がされている封筒です。

親展用書類や個人情報の書かれた書類を郵送する場合は、透けない封筒を用意しておくと安心です!

《テープのり付き封筒》

テープのり付き封筒

封入口に強力な粘着糊をあらかじめ付けており、テープで覆っている封筒です。

使用時はテープをサッとはがすだけで簡単に封緘作業が可能となり便利です。

大量の封緘作業も時間を短縮でき、またデスクや書類をのりで汚してしまうことがありません。
返信用封筒に使用すれば、お客様にも喜ばれますよ!

《窓付き封筒》

窓付き封筒

「窓付き封筒」とは、透明なフィルムを貼り、90×45mmサイズの窓を設けた封筒です。

封筒の中に入れる書類に記載されている相手方の住所・氏名を宛名として利用できるので、封筒の宛名書き作業やラベル貼り作業が省け、たくさん封筒を郵送する場合に活躍します。

封筒の中身と宛名を間違えるミスがなくなりますので利用すると安心です!

《マチ付き封筒》

マチ付き封筒

たくさんの配布資料を持ち運んだり、厚みのある書籍・カタログなどを入れる場合、封筒の横にマチが付いていると便利です。書類等をきれいな状態で保存できる保管袋としても活躍する封筒ですので、事務用に用意しておくと活躍します!

封入口は紐を使用して閉じることができるため、繰り返し使用することが可能です。

 

特別な仕様がない普通の封筒も使いやすく、コストが抑えられる点はありますが、当店では以上のような便利な機能がついた封筒が人気です。

ぜひ皆様のビジネスシーンでご利用ください。

「こんなことはできるのかしら?」
封筒印刷に関してご不明な点やわからないことがございましたら、お問い合わせフォームからお気軽にお尋ねください!

3.オリジナルデザインの封筒も作れるの?

当店では初めてのお客様も簡単にご注文いただけるよう、豊富なデザインをあらかじめご用意しています。

長3封筒デザイン選択

お客様は、その中からお好みのデザインを選択し、お名前や ご住所など必要なデータを入力するだけでご注文が完了となります。

会社のロゴマークなどを使用してオリジナル度を高めた封筒を作成したい場合、当店ではお客様ご自身でご利用いただける「レイアウト調整機能」をご用意しています。

使い方も簡単ですので、普段からパソコン操作をされる方であれば、短時間でお客様好みに変更したオリジナル封筒を作れますよ!

文字の位置や大きさ、ロゴマークや画像など、お客様のお好きなように封筒をデザインできます。

レイアウト調整・画像を追加

レイアウト調整機能については、「封筒印刷のレイアウトを自分で調整、ロゴ入れも簡単!」の記事(こちら)をご確認ください。

当店があらかじめご用意したデザインを基に、お客様が手を 加えてもよし。お客様ご自身で一からデザインしてもよし。

当店ではお客様がご自身で作成されたデータから封筒を印刷することも可能です。

完全データ入稿によるご注文については、こちらをご確認ください。

その他ご質問やご不明な点は、よくいただくご質問をご確認いただくか、お問い合わせフォームからご相談ください!

下の画像からも「お客様サポート」の画面に移動していただけます。

お客様サポート

4.封筒の色はどんなものが良い?

初めて社名入り封筒の印刷を注文する時、封筒の色は何色を選べば良いか、迷ってしまうかもしれません。

事務用封筒としてご利用の多い封筒カラーは、スタンダードなクラフト(茶封筒)のようです。

また、清潔感のあるホワイトカラーも人気です。

業務用に使われる社名入り封筒は、ブルー系のご注文も多くあります。

また、親しみやすくやわらかい印象の薄いイエロー系のカラー、優しいイメージのピンク系などもご利用になる企業が多いようです。

個性的な色の強い封筒よりも、やわらかく印象の優しいカラーの封筒のほうが使いやすいのかもしれません。

企業カラーが決まっている場合には、その色を使うのが一番良いでしょう。

封筒は、会社の名刺代わりでもあります。

書類などの内容物と共に、取引先やお客様のもとへ届き、一番にごあいさつするのが「封筒」なのです。

当店ではビジネス用途に特化した封筒カラーを豊富にご用意しています。

一般的な茶封筒であるクラフト封筒2種をはじめ、質の良いケント紙2種(以上、スタンダードタイプ)、カラー封筒は定番カラー全16色、特注カラー全16色、合わせて全36種類の選べる封筒をご用意しています。

選べる封筒用紙色・全36種

当店の封筒用紙カラーのページ(こちら)をご確認のうえ、お客様の会社のイメージに合わせて、お好きな封筒カラーをお選びください。

注目をひきたい場合には明るく派手目の色を用いたり、優しい印象を持ってほしいなら、ふんわりとしたパステル系の色を選んだり、「このような印象を持ってほしい…」というカラーをぜひ当店のラインナップから見つけてくださいね。

5.封筒に印刷する文字の色は?

当店ではビジネス用途に特化した印刷色を全部で15色ご用意しています。

社名入り封筒を作成する際、一番多く使われる印刷色はブラック(黒)ですが、当店は2色印刷が可能です。

それぞれの色の封筒に、何色で文字を印刷するとどのように見えるか…当店では封筒の印刷色のページ(こちら)にて各色の組み合わせの見本をご用意しています。

ぜひ画面上でご確認ください!

たとえば、印刷色「黒」の場合、右側の封筒用紙色の一覧から組み合わせを確認したい色(例・クリーム)をクリックします。

印刷色と封筒用紙色の組み合わせ

すると、「クリーム」の封筒に「黒」の印刷色で文字を印刷した場合の見本が拡大表示されます。

印刷色と封筒用紙色の組み合わせ見本

気になる組み合わせのお色がございましたら、クリックするだけで拡大画面をご覧いただけますので、お試しください。

相性の良いカラーを利用して1色印刷するのも良いですし、一部分のみ色を変えて2色で封筒を作成するのもおすすめです。

皆様のお好みでご自由に印刷色をお選びくださいませ。

封筒の用紙色と印刷色の組み合わせについては「カラー封筒とカラーインク、おすすめの組み合わせは?」の記事(こちら)もご確認ください。

 

封筒注文時によく寄せられる疑問点「その2」はこちらをご覧ください。

カテゴリー
お役立ち情報 ご注文の手引き

豊富な印刷色を使いこなしてオリジナル封筒を作成!

当店では社名入り封筒の印刷用に全15種類の印刷色をご用意しています。

オリジナルの社名入り封筒を作成するなら、他の企業に封筒で「差」をつけて開封率を高めるために、黒一色だけでなくお好きなカラーを入れて「わかりやすく」「カラフルに」作ってみませんか?

社名入り封筒に差をつけるなら、印刷色を活用しましょう

当店の封筒はビジネス用途に特化したラインナップとなっており、選びやすく、また使いやすい色だけをご用意しています。

印刷方式によってご利用いただけるカラーの数が変わります。

オフセット印刷では15色、オンデマンド印刷では9色の中からお好みのカラーをお選びいただけます。(オフセット印刷の方がたくさんのカラーをご利用いただけます)

オフセット印刷では黒・グレー・ダークグレー・緑・深緑・青・紺・濃紺・茶・赤・金赤・ピンク・オレンジ・アズキ・エンジ。

オフセット印刷の印刷色

オンデマンド印刷では黒・グレー・緑・青・紺・茶・赤・深緑・金。

オンデマンド印刷の印刷色

通常、社名入り封筒を作成する場合、多くの企業は黒で文字を印刷します。

黒文字はハッキリ印刷されるので、 文字が読みやすく、何より失敗がありません。

しかし、選択する封筒のカラーによっては、文字の色を黒以外のカラーで印刷することで、より個性的になる場合もあります。

また、2色印刷できるデザインを選んで、ちょっとした差し色として部分的に文字の色を変えたり、企業のロゴマークだけカラーにすれば、オリジナル性の高い社名入り封筒を作ることができます。

印刷色と封筒の色との組み合わせに注意しましょう

お客様がお選びになる封筒の用紙の色にもよりますが、印刷色と封筒自体の色の相性も非常に大切です。相性の良い組み合わせだけでなく、中には相性の悪い組み合わせもあります。

色選びに困った場合は、当店でご用意した【印刷色組合せ適合表】を参考にしてください。

封筒の印刷色組合せ適合表

このように、何色の封筒ならどんな印刷色が良いという組み合わせを
◎・・・お薦めできる組み合わせ
〇・・・組合せとして問題ありません
△・・・効果・視認性の問題で組合せに注意が必要です
×・・・組合せとしてお薦めできません
…以上の4タイプで表示しています。

また、当店のサイトでは、各カラーの封筒に印刷した場合、組合せによってどのような見え方をするのか、詳細な見本の画像にて、できる限り実際のお色を確認していただけるようになっております。

封筒印刷色見本の確認

まず、左側でお好きな印刷色を選び、右側の封筒用紙の中からお好きな色をクリックすると、印刷した時の見本の画像が大きく表示されます。

こちらは「レモン」封筒に黒色で印刷した場合の例です。

封筒印刷色見本(レモン封筒に黒色印刷)

以下のリンクより印刷見本の画像をご確認いただけます。

オフセット印刷 全15色

オンデマンド印刷 全9色

ぜひ実際にお客様の目で各種カラーの組み合わせをご覧ください。

お好きな印刷色を選んでプレビュー画面で確認しましょう

当店では封筒に印刷される文字やその位置などを、お客様ご自身で 微調整できて便利です!

お好きな印刷色や書体を選んで、ぜひプレビュー画面で ご確認ください。

こちらでは【印刷の色の選択】についてお話しいたします。

まず、必要な封筒のサイズを選んでデザインを決定します。

印刷方式や封筒の色、紙の厚みや印刷枚数などを指定し、印刷内容(会社名や住所、電話番号など)を入力します。

その後で「印刷の色」を選択します。

印刷色は印刷方式によって選べる色の数が違います。

オフセット印刷の場合、当店指定の15色で、2色印刷も可能です。

なお、企業様の方で「どうしてもこの色を使いたい」と、当店でご用意していないお色を希望される場合もございます。

当店では指定色以外でも印刷可能です。

「指定DICカラーコード」の入力欄でご指定いただけます。

※オプション料金として別途1色毎に 1,500円(税込1,650円)の料金が加算されます。但し、金・銀及び蛍光色は対応いたしませんので、ご了承ください。

オフセット印刷・印刷色の選択

 

オンデマンド印刷の場合、1色印刷では9色となっています。

※金色は、封筒色がレッド(赤)かブラック(黒)の場合にのみ選択できます。

オンデマンド印刷・印刷色の選択(1色印刷)

 

オンデマンド印刷の2色印刷は、長3封筒・角2封筒のみ対応しており、1色目と2色目を黒・青・紺・赤の4色の中から選べます。

オンデマンド印刷・印刷色の選択(2色印刷)

お好きな印刷色を選び、書体やマークなどのオプションを指定したら、「入力内容をデザインに反映する」というボタンを押します。

入力内容をデザインに反映するボタン

するとお客様が入力・選択された様々なデータが反映され、プレビュー画面で封筒全体のデザインをご確認いただけます。

例として、長4封筒をオフセット印刷(1色印刷・丸フォーク体)で注文する場合の印刷色で比較してみましょう。

いかがでしょうか?

印刷色が違うだけで、封筒の印象がかなり変わります!

 

当店では豊富な封筒色と印刷色をご用意していますので、お客様のイメージ通りに組合せ自由となっております。
ぜひ豊富な印刷色を活用してオリジナルの封筒を完成させてください。

カテゴリー
お役立ち情報 お悩み解決

封筒の色で会社をイメージアップさせたい

当店では全36色の封筒色をご用意しています。

会社のイメージに合う封筒色を選んで、社名入り封筒を作成していただけます。

「色」は豊かな表情を表し、人によって受け取るイメージが違います。

封筒の色によって企業イメージがガラリと変わるかもしれません。お得意先・取引先の方の頭の中に、新しいイメージが深く刻み込まれるかもしれません。

社名入り封筒は企業の顔であり、名刺代わりでもあります。上手に色選びをして、会社のイメージにふさわしいカラー封筒を作成してみませんか?

ここでは、ご参考までに各カラーの一般的なイメージについてご説明いたします。

【白色・ホワイト】

白は清潔さや純粋さ、美しさや潔さを感じさせる色です。

白という色は見ての通り、汚れていないクリーンなイメージなので、看護師や飲食店の制服・エプロンなどによく使われています。

清潔感があり、我々日本人が好ましく思う色の代表でもあります。

明るくて爽やかな印象がある白は「始まり」を感じさせるカラーとも言われています。

社名入り封筒にも使いやすい色で、よく選ばれているカラーです。

白は空間を広く感じさせる色なので、時に無機質さを感じる場合もあります。悪く言えば、ただ真っ白なだけではあまり印象に残らない色でもあるということです。

白色の清潔感を大切にしつつ、個性のある字体や映える文字色を加えて封筒を作成すると、とても印象に残る個性的な社名入り封筒となります。

当店では以下のような白封筒・ホワイト封筒をご用意しています。

【灰色・グレー】

灰色は調和・上品さ・落ち着きなどを感じさせる色です。

穏やかで控えめなグレーは、他の色とも馴染みやすいので、自己主張の強くない調和の色とされています。

白と比較すると暗いイメージですが、その代わり落ち着きがあります。

白でもなく黒でもない灰色は、周りの人との調和を大切にする人が好む色だと言われており、ビジネスシーンでもその他の色と合わせやすいため、多くのシーンで用いられる定番のカラーです。

灰色は控えめな印象も与えるので、封筒はもちろんWEBデザインなどでも多用されています。グレーは個性が強くない分、じつは目にも優しい色なのだそうです。

灰色は人によっては暗いイメージを受ける人もいますし、平凡に感じる人もいるでしょう。

しかし、しっかりした字体を使って社名入り封筒を作ると、とても堅実なイメージの封筒に仕上がります。

当店では灰色・グレー系として以下のようなカラーをご用意しています。

【黄色・イエロー】

黄色はカジュアルで明るく、軽快で元気のある色です。

好奇心や向上心、幸せを感じさせる色でもあります。

華やかで明朗、快活、活発なイメージが強いカラーです。

暖色系の中でも黄色は一番明るいので、見るだけでも気分が上がり、元気が出ると言われています。

黄色は太陽やヒマワリなどを連想させます。

集中力を高めたり、注意を促す効果もあるので、特に目立たせたい場合にも用いられるカラーです。

日常では工事現場の注意看板や信号、踏切などでも多用されていますね。

社名入り封筒に黄色を使用すると、親しみやすく、向上心のある明るく元気な企業をイメージさせます。

当店では黄色・イエロー系として以下のようなカラーをご用意しています。

【橙色・オレンジ】

オレンジ色は、温かみのある色で、自由や深い知恵、推察力などを感じさせる色だと言われています。

見ているだけで楽しい気分にさせてくれるカラーなので、よく「ビタミンカラー」とも呼ばれています。

プレッシャーをやわらげる効果があり、優しさや解放感を与える色なので、家庭や職場など様々な場所で用いると元気が出て、やる気もアップします。

オレンジには食欲を促進させる効果もあるので、飲食店などでは特に多く使われている色のようです。

情熱的な赤と、元気のある黄色を混ぜたオレンジは、温かいイメージを強く感じるので、親しみやすく、また思いやりなど優しい気持ちを連想させます。

ポジティブさ、喜びや幸福感などを表す色なので、社名入り封筒にもピッタリです。

当店では橙色・オレンジ系として以下のようなカラーをご用意しています。

【緑色・グリーン】

グリーンは目の疲れを癒したり、興奮を鎮める作用がある優しい色です。木や森を連想させる自然のカラーでもあり、穏やかさや平和、バランス、協調、安心感などをイメージさせるカラーです。

緑色には、見る人の気持ちを落ち着かせる鎮静作用や、緊張緩和などの効果もあると言われています。

リラックス作用のあるナチュラルなグリーンは、健康や癒しを連想させ、平和や若さなども感じさせます。とても優しいイメージなので社名入り封筒にも利用しやすいカラーです。

当店では緑色・グリーン系として以下のようなカラーをご用意しています。

【青色・ブルー】

青色は涼しげで爽やかな印象を与えるカラーで、知性や冷静さをイメージさせます。とても好感度の高い色としても知られています。

清潔感はもちろん、平和や安全を意味するカラーでもあるので、信号機でも青色は安全に進める色として使われていますね。

青は空や海などの自然もイメージさせるので、航空会社や清涼飲料水、夏の涼しさをアピールするカラーとしてもよく使われています。

情熱的な赤とは正反対の作用を持つ青色は、冷静で知的なイメージを与えます。爽やかさもある色なので、企業ではイメージカラーとして利用しているところも多いようです。

大自然を連想させるブルーは、開放的で広大清潔で平和な印象を与えます。また、集中力をアップさせる色でもあるので、社名入り封筒でも需要が多く人気のあるカラーです。

当店では青色・ブルー系として以下のようなカラーをご用意しています。

【桃色・ピンク】

ピンクは女性的なイメージが強いカラーです。

印象はやわらかく、とても優しく温かい感じがします。

緊張をやわらげたり、幸せな気持ちになれるカラーであり、愛や安らぎを感じさせます。

女性や子供を連想させるので、レディースクリニックや華やかなファッション関係の仕事、美容院や保育園、子供や女性向けのイベントやショップなどで多く利用されるカラーでもあります。

優しさを主張したい時にも活躍する色です。

ピンクは感謝や思いやりなどの意味を持っているので、包装紙やリボンなどにも多用されています。

上品さと平和・幸福なイメージを兼ね備えたピンクは、介護施設などの企業や病院関係でもよく選ばれるカラーです。

当店では桃色・ピンク系として以下のようなカラーをご用意しています。

 

当店で取り扱う封筒の色については、こちらからご確認ください。