カテゴリー
お役立ち情報 お悩み解決

他社の封筒と「差」をつけるには?

ビジネスで使用する社名入り封筒(社用封筒)を作成する際、少しでも他社の封筒と差をつけたい場合にはどうしたら良いでしょうか?

一口に【差】といっても、いろいろありますね。

ここでは他社と差をつけるための封筒の作成ポイントとして、以下の6点をお伝えします。(リンクをクリックしてジャンプできます)

その1「封筒の色」
その2「封筒サイズの種類」
その3「封筒の書体」
その4「FSC認証マーク付き封筒」
その5「安さで経費を安くする」
その6「使いやすい封筒機能」

その1「封筒の色」

当店で扱う封筒カラーはなんと全36種類です!

選べる封筒用紙色・全36種

通常クラフト(茶封筒)をはじめ、ケント紙の白封筒はもちろん、カラー封筒にはビジネスで使用しやすいお色を豊富にご用意しています。

スタンダード 全4種(クラフト・白封筒)

封筒の用紙色・スタンダード

カラー封筒 定番カラー 全16種

封筒の用紙色・定番カラー

カラー封筒 特注カラー 全16種

封筒の用紙色・特注カラー

定番カラーはもちろん、他社と差をつけられる珍しい特注カラーまでカバーしていますので、お客様のお好みの色がきっと見つかるはずです。

封筒のカラーは、その会社の第一印象を決める色です。

信用を得たい、堅実なイメージを持ってほしい、優しい雰囲気を感じて欲しい、親しみを感じて欲しい…など、封筒カラーで様々な印象を与えることが可能です。

当店で封筒をお選びいただければ、他社の封筒としっかり差をつけることが可能ですよ!

お客様のお好きなカラー封筒で社名入り封筒を作ってみませんか?

その2「封筒サイズの種類」

当店ではビジネスにピッタリな定番サイズから、大きなサイズの封筒、調整サイズの封筒など、全部で11種類の大きさの封筒をご用意しています。

封筒をサイズから選ぶメニュー
当店ページのメニューから選べます

各封筒のデザイン画面は以下のリンクをクリックしてご確認いただけます。

長3(235×120mm)
角2(332×240mm)
洋長3(120×235mm)
長4(205×90mm)
A4三折(105×220mm)
長40(225×90mm)
洋4(105×235mm)
角3(277×216mm)
角1(382×270mm)
角0(382×287mm)
角形A3(445×340mm)

皆様の業務に合うサイズの封筒を揃えて、適切に使い分けて ご使用ください。

内容物に合わないサイズの封筒を使っていると、「あまり封筒の種類を揃えていない企業なのだな…」というマイナスの印象を与えてしまうかもしれません。

常に適切なサイズの封筒を使っている企業は、封筒の種類を豊富に取り揃えていて経費にも余裕がある印象を受けます。

ビジネス用封筒はしっかりと必要なサイズを取り揃えて、他社と差をつけましょう!

その3「封筒の書体」

封筒に社名や住所などを文字で表示する際、会社のイメージに合わせた書体を使ってみるのはいかがでしょう?

当店ではビジネス用途に特化した書体を8種類ご用意しています。

封筒印刷の書体一覧

インパクトのある太文字を使用したり、丸みのある優しい文字を使用すれば、かなり封筒の印象を変えることができます!

太ゴシック体

丸ゴシック体

細めの明朝体を用いるとキリッとしたイメージになります。

明朝体

隷書体で社名を表記すると独特な個性を感じさせます。

隷書体

豊富な書体(字体)からイメージに合うものを選んで、他社に差をつける封筒を作成しましょう!

その4「FSC認証マーク付き封筒」

当店ではFSC認証マークがついた封筒もご用意しています。

FSC認証マークとは、森林管理協議会が森林の管理及び伐採が適切に行われていると評価した森林から生産された木材・木材製品にのみ付けられているマークのことです。

このマークのついた製品を使用している企業は、環境保全を意識しているという証であり、会社のイメージアップにつながります。

他の企業と差をつけるひとつの方法として、FSC認証マーク付きの封筒を社用封筒として利用するのはいかがでしょうか?

FSC認証マーク付きの封筒はクラフト封筒(茶封筒)白封筒(ケント紙)の2種類をご用意しています。

FSC認証マーク付き封筒を使って、環境を守る企業であることをアピールしましょう!

その5「安さで経費を安くする」

当店は良質な封筒を低価格でお客様にお届けするため、様々なコスト削減体制を整えています。

年間100万枚以上の実績がある封筒印刷店ですので、他店に比べ、仕入れの状態から低価格を実現しています。

封筒メーカーから直接・大量に仕入れ

店舗を持たずにインターネットで運営することで、全国どこからでも低価格で封筒印刷をご注文いただけます。

またお得な同時注文割引や会員様限定のポイント還元・再注文割引など、さらにお値段を安くする割引制度もご用意しています。

・当店の封筒印刷の価格表はこちら

・お得な会員特典のご案内はこちら

社名入り封筒は当店でご注文いただければ、どこよりも低価格で作成することができ、経費削減が実現するはずです!

その6「使いやすい封筒機能」

封筒にはいろいろな種類があります。

皆さんがよくご存じのノーマル封筒はもちろん、以下のような様々な使いやすい機能がついた特別な封筒をご用意しています。

・大切な中身が透けて見えないよう高不透明性を実現した「透けない封筒」

※対応サイズ:長3洋長3角2

透けない封筒

・封緘時に便利な強粘着のり使用の「テープ・のり付き封筒」

※対応サイズ:長3角2洋長3長4長40角3

テープのり付き封筒

・透明フィルムのついた「窓付き封筒」

※対応サイズ:長3洋長3A4三折

窓付き封筒

・厚みのあるものも入れられる「マチ付き封筒」

※対応サイズ:角2

マチ付き封筒

業務で最も使いやすいタイプの封筒を選んで、仕事の効率の良さでも差をつけましょう!

 

以上の各ポイントを活用して封筒を作成していただき、業務にお役立ていただけますと幸いです。

カテゴリー
お役立ち情報 お悩み解決

環境に優しい封筒を使いたい

FSC認証封筒

現在、地球では、森林の大量伐採などが原因で、地球温暖化をはじめとする様々な問題が発生しています。

お客様の中にも、そういった環境問題に、高い意識を持っている方もいらっしゃるかと思います。

そんなお客様には、当店のFSC認証封筒がおすすめです。

FSC認証封筒は、森林の管理や伐採が適切に行われているとFSCが認めたときに付く、FSC森林認証マークのついた、大変環境に優しい封筒となっています。

<FSCとは>

年々、世界で森林面積が減少する主な理由は違法なケースを含む無計画な森林伐採です。

毎年破壊されている森林面積は、日本国土の3分の1に相当するといわれています。

大切な森林を守りたい・・・、そんな強い願いからFSC森林認証制度が始まりました。

FSC(Forest Stewardship Council、森林管理協議会)は、木材を生産する世界の森林と、その森林から切り出された木材の流通や加工のプロセスを認証する国際機関で、非営利の団体です。

1993年10月にカナダで創設され、機関の構成員は、世界各国の環境保護団体、林業経営者、木材業者、先住民族、森林組合などで、国際本部はドイツのボンに置かれています。

適切に管理して、環境や地域社会に配慮している森林から作られた製品にだけ表示することができるマーク、それがFSC森林認証マークです。

この認定を受けた製品を使うことは、環境PRにつながります。

FSC森林認証マークは国際的な取り組みのため、海外でも通用します!

当店で取り扱うFSC認証封筒

当店ではFSC森林認証マークの入った封筒を2種類ご用意しています。

・クラフト封筒(茶封筒)

一般的に良く使われる茶封筒で、丈夫な素材のため、様々な用途での使用が可能です。

クラフト封筒(茶封筒)FSC(森林認証)

・白封筒(ケント紙)

白く表面が滑らかな封筒で、製図やデザイン用の紙としても使われています。

白封筒(ケント紙)FSC(森林認証)

当店で取り扱い可能なFSC認証封筒のサイズは、「長3」「洋長3」「角2」です。

テープのり付き・マチ付きのFSC認証封筒はお取り扱いがなく、窓付き封筒の場合は長3のクラフト封筒のみのご提供となります。

なお、FSC認証封筒をご注文いただく際の注意点として、封筒の厚さ・値段の違いがあります。

オンデマンド印刷・長3・黒色印刷の場合、通常の封筒の厚さはクラフトが70g/㎡または85g/㎡、ケントが100g/㎡となっていますが、FSC認証封筒の場合、クラフトは85g/㎡のみ、ケントは80g/㎡となっています。

また、クラフトの85g/㎡が通常100枚1,800円(税込1,980円)なのに対し、FSC認証封筒100枚は1,850円(税込2,035円)となっております。

ケントについても100g/㎡が通常100枚1,950円(税込2,145円)なのに対し、FSC認証封筒100枚は1,900円(税込2,090円)となっており、値段も多少の違いがありますのでご注意ください。

※当店では、封筒用紙の厚さを表す単位として、g/㎡(面積1平方メートルあたりの用紙の重さ)を使用しています。

詳しくは価格表のページ(こちら)をご参照ください。

 

一人一人のちょっとした気遣いで、環境は生まれ変わります。

お客様も、未来の子供達のために、できることから始められてはいかがでしょうか。

カテゴリー
お役立ち情報 ご注文の手引き

茶封筒と白封筒の違い・使い方

現在、日本で頻繁に使用される封筒の色は主に茶封筒(クラフト封筒)白封筒の二種類ですが、その二つの用途の違いをご存じでしょうか。

茶封筒と白封筒の使い分けを間違えるとマナー違反になってしまうことがあり、送り先の方に不快な思いをさせてしまう可能性があります。

この記事では、茶封筒と白封筒、それぞれの一般的な使い方・使い分けについて紹介していきたいと思います。

茶封筒(クラフト封筒)の用途

クラフト封筒(茶封筒)

茶封筒は、クラフト紙を材料としており、「クラフト封筒」とも呼ばれる最も一般的な封筒です。

主にビジネス用途に使われます。

請求書や納品書・DMなどの案内状などは、茶封筒で問題ありません。

白封筒に比べて値段も安いので、特に理由が無ければ茶封筒を使用するのがお得です。

ちなみに英語では「brown(茶)」ではなく、「yellow(黄)」で表されるそうです。

茶封筒のイメージは実用的

よく目にする機会が多いので親しみやすいですし、市役所などの行政機関でも茶封筒の利用は多いので、「大切なものが入っている」「何の連絡かしら?」と比較的早めに開封してもらえるかもしれません。

茶封筒に使われるクラフト紙とは?

クラフト紙(Kraft paper)とはパルプを原料とする紙で、製造方法からその名前で呼ばれています。

強度を保つため、針葉樹を用いて作られており、漂白工程を行なわない紙とされています。その茶色い色は製造法に由来しているそうです。

引っ張り強度が強く、紙の中でも丈夫で破れにくいことが特徴です。そのため包装素材や段ボールなどの材料にも活躍しています。

白封筒の用途

白封筒(ケント紙)

当店の白封筒は、表面が平らで滑らかなケント紙という素材を使用しています。(角2マチ付き封筒のみ、ケント紙ではなく白クラフトになります。)

白封筒は、履歴書やエントリーシートなど、茶封筒より比較的あらたまった場合に使われることが多い封筒です。

また、ビジネスではない個人的な手紙に使用されることも多いです。

特に履歴書は絶対に白封筒を使いましょう。茶封筒で送ってしまう方も多いですが、白封筒を使うのが一般的です。

履歴書の内容を重視してマナーを気にしない会社も多いですが、会社によっては茶封筒を使ってしまったために不採用となってしまうこともあります。

余計なストレスを抱えないためにも、白封筒を使用するのがベストです。

また、請求書や納品書・DMなどを茶封筒の代わりに白封筒で送るのは大丈夫なので、白封筒はマルチに使用できる封筒といえそうです。

白封筒のイメージは爽やかで清潔感

あらたまった書類が入っている重要な封筒!というイメージがあるため、イベントの案内や履歴書などは白封筒を使って届ける…という人も多いのではないでしょうか。

白封筒に使われるケント紙とは?

ケント紙とは化学パルプ100%を原料とする紙です。

色は純白で、紙の性質は固く締まっていて表面がとても滑らかなのが特徴です。

インクでの印刷や油性ペンで記入の際もにじみがなく、製図などにも使われる紙としてよく知られています。

名前の由来は、イギリスのKent(ケント)地方で初めて作られた紙であることから来ており、日本では「ケント紙」と呼ばれています。

ケント紙は封筒をはじめ図画用紙や名刺、カレンダーなど幅広く使用されています。生活の中でもよく目にする機会が多い用紙ではないでしょうか。

封筒の場合、白色の用紙に印刷したインクの文字がにじまず美しく発色することと、ペンなどを用いて宛名を書いた際もキレイであること、そして、消しゴムをかけても紙の表面が毛羽立たないことなど様々な利点があります。

ケント紙とクラフト紙の白を比較すると、違いはクラフトの方が少しだけ白色度が低めになるということです。

環境に配慮した封筒

また、茶封筒・白封筒ともに、FSC森林認証マークのついた封筒もご用意しています。

FSC森林認証マークは、森林の管理や伐採が適切に行われていると評価された森林から生産された木材や木材製品に付けられるマークで、地球環境について意識の高い方におすすめです。

このマークがついた封筒を使っているということは、環境保護に理解があると受け止められて会社のイメージアップにつながります。

【封筒豆知識】なぜ一般的な封筒は茶色なの?

一般的に使われている茶封筒が、なぜ茶色なのかご存じですか?

封筒はパルプ(紙の原料となる植物繊維)から作られます。漂白したパルプと未漂白のパルプでは、未漂白の方が安いのです。未漂泊のパルプは茶色です。

その安い未漂白パルプを多く使って作るので、茶封筒は比較的安価で作ることができます。しかも破れにくく丈夫です。

それゆえ一般的に広く使われているのです。

茶色は白よりも透けにくいので、その点でも使いやすい封筒かもしれません。

ちょっとしたやり取りでも茶封筒なら気軽に使えるため、用意しておくと非常に役立ちます。

現代ではFAXやメールが普及していますが、昔は書類のやり取りを全て郵便で行っていました。そこで安くて丈夫な茶封筒が多くの人に利用されるようになったのです。

 

当店では茶封筒・白封筒以外にも様々なカラーをご用意しています。機会がありましたら是非当店の封筒をご利用ください。

カテゴリー
お役立ち情報 ご注文の手引き

クラフト封筒にはどんな種類がある?

当店では全36種類の封筒カラーを取り揃えています。
本日はその中でも特に人気の高い【クラフト封筒】についてご説明させていただきます。

「クラフト紙」とは?

クラフト封筒で使用している「クラフト紙」とは、いったいどのような紙でしょうか?

クラフト紙(Kraft paper)とはパルプを原料とする紙で、製造方法からその名前で呼ばれています。

強度を保つため、針葉樹を用いて作られており、漂白工程を行なわない紙とされています。その茶色い色は製造法に由来しているそうです。

引っ張り強度が強く、紙の中でも丈夫で破れにくいことが特徴です。そのため包装素材や段ボールなどの材料にも活躍しています。

当店では茶色のクラフト封筒と、色が美しいカラークラフトをたくさんご用意しています。

白封筒に使われるケント紙とクラフト紙を比較した場合、クラフト紙の方が平滑性において若干劣りますが、封筒として使用する場合なんら問題はありません。

クラフト紙は丈夫さが特徴ですので、封筒にとても適している用紙です。

定番のクラフト封筒(茶封筒)

当店ではクラフト封筒をスタンダードカラーとしてご用意しています。
普通のクラフト封筒(茶封筒)と森林認証マークがついたクラフト封筒(茶封筒)FSCの2種類があります。

クラフト封筒(茶封筒)

一般的に一番よく使われている封筒です。この用紙は丈夫で、様々な用途に使用できます。低価格なことも魅力です!

クラフト封筒(茶封筒)

クラフト封筒(茶封筒)FSC・森林認証付き

こちらの封筒は通常のクラフト封筒に特別なマークがついた封筒です。
森林認証マークとは、封筒用紙の原料となる木が育てられている森林について、伐採や管理が適切かどうか確認された証としてつけられるものです。

クラフト封筒(茶封筒)FSC(森林認証)

このマークがついた封筒を使っているということは、森林の管理や適切な伐採について理解があると考えられ、会社のイメージアップにつながります。

カラークラフトの種類と用途

皆様が社名入り封筒を作成される際、どのような封筒カラーを選んだら良いのか、迷われることも多いでしょう。

封筒の色で迷いたくない場合、上記の「茶封筒」が一番無難ではありますが、使用している会社が多いので郵便物として目立つことはありません。

当店では茶封筒の他にもカラークラフトとして、定番カラー5色、特注カラー8色をご用意しております。

よく使われる定番カラー

プレミアムな特注カラー

カラフルなカラークラフトは社用封筒として印象が良く、低価格で活躍する、使い勝手の良い封筒です。

一般的な意見ですが、各カラーで向いている業種などありますので、少しだけご紹介いたします。

まず、数多い郵便物の中でも封筒を目立たせたいのなら、イエローグリーンなど目を引くカラーを使用すると良いでしょう。

 

次に、カラークラフトの中でもクリームウグイスレモンなどの色は、比較的誰にでも好まれるため、どのような業種にも向いています。

幅広い層のお客様に向けて郵送する封筒なら、万人受けする、明るく親しみやすい印象のカラー封筒が適しているかもしれません。

飲食店や雑貨屋さんなどで、お客様とコミュニケーションを取るための封筒にも活躍しそうです。

 

逆に、グレーミズイロブルーシルバーなどのカラー封筒は、落ち着いた雰囲気が強いため、受け取る人は「業者の人向け」が良いかもしれません。

事務書類の受け渡しや工業系、金属系の業種などにも向いています。堅実なイメージも強いので、歴史ある老舗の会社などにも向いています。

 

どのような目的で、どのような業種で使用する封筒かを考え、イメージに合う色を探してみてください。

当店で取り扱いのある封筒の用紙色について、詳しくは「封筒用紙カラー」のページ(こちら)をご確認ください。